• ヤクルト
  • 11 - 7 試合終了
  • 広島

2019年9月4日(水) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
広島広島
ヤクルトヤクルト
1
2
0
2
0
1
3
1
0
4
2
0
5
0
1
6
0
5
7
2
0
8
0
0
9
0
4X
R
7
11
H
9
12
E
1
0
  • 第22回戦 10勝12敗0分
  • 観衆数 26,191人
戦評

山田選手が通算200号となる満塁弾を放ち、劇的なサヨナラ勝ち!

4日(水)、神宮球場での広島東洋カープ戦。先発・小川投手は初回、西川選手をライトフライ、菊池涼選手を内野ゴロに打ち取ります。しかし、鈴木選手に安打と盗塁を許すと、松山選手にタイムリーを浴び先制を許してしまいます。続く長野選手に、二死一塁からタイムリー二塁打を浴び、0対2とされます。2回は曾澤選手を内野ゴロ、小園選手をレフトフライ、大瀬良投手を空振り三振に仕留め、三者凡退に抑えます。

すると打線はその裏、先頭の中村選手がレフトスタンドへ飛び込む5号ソロを放ち、1点を返します。

しかし3回、小川投手は二死から鈴木選手に26号ソロを浴び、3点目を奪われます。4回には長野選手に3号ソロ、安部選手に8号ソロを浴び、1対5とリードを広げられます。
5回、2番手・大下投手がマウンドに上がると、一死から松山選手に四球を与えますが、長野選手を併殺打に打ち取ります。

打線はその裏、二死から雄平選手が内野安打で出塁すると、相手投手の暴投で進塁します。ここで、村上選手がライトへのタイムリーを放ち1点を返します。さらに6回は一死から太田選手が四球、青木選手が安打を放ち一、二塁のチャンスを作ると、山田選手のタイムリー二塁打で3対5。続くバレンティン選手のタイムリーで4対5と追い上げます。なおも二死一、三塁の場面で、村上選手がレフトスタンドへ飛び込む32号3ランを放ち、逆転に成功します。

7回は3番手・平井投手が登板すると、先頭の三好選手に安打を浴びるなど一死一、二塁とされます。続く鈴木選手に四球を与え、満塁とされたところで4番手・ハフ投手にスイッチ。しかし、松山選手に押し出しの四球、長野選手の内野ゴロの間に1点を奪われ同点に追いつかれてしまいます。

8回、5番手・梅野投手は曾澤選手、代打・メヒア選手を内野ゴロに打ち取ると、三好選手を空振り三振に仕留めます。9回は6番手・マクガフ投手が西川選手、菊池涼選手を内野ゴロ、鈴木選手をファウルフライに打ち取り、味方の反撃を待ちます。

その裏、打線は中村選手が死球を浴び出塁すると、相手投手のエラーが重なり二死満塁のチャンスを作ります。ここで山田選手がレフトスタンドへ飛び込む33号満塁ホームランを放ち、11対7で試合終了。山田選手の劇的なサヨナラ満塁弾で白星を飾りました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト マクガフ(6勝3敗8S)
セーブ投手
敗戦投手 広島 フランスア(6勝6敗9S)
本塁打 ヤクルト 中村 悠平 5号 ソロ(2回)村上 宗隆 32号 3ラン(6回)山田 哲人 33号 満塁(9回)
広島 鈴木 誠也 26号 ソロ(3回)長野 久義 3号 ソロ(4回)安部 友裕 8号 ソロ(4回)
バッテリー
  ヤクルト 小川 泰弘、大下 佑馬、平井 諒、ハフ、梅野 雄吾、マクガフ - 中村 悠平
広島 大瀬良 大地、島内 颯太郎、中村 恭平、菊池 保則、フランスア - 會澤 翼

後日、公式記録に修正される場合があります