大会を通して成長を

東京ヤクルトスワローズ少年野球交流大会への協力

ヤクルト球団と球団キャンプ地である愛媛県松山市・沖縄県浦添市・宮崎県西都市(50音順)の3市、ならびに「つばめ」を縁に関わりのある新潟県燕市は、スポーツ・文化・観光など幅広い連携を目指して交流事業展開していきます。
交流事業として「東京ヤクルトスワローズカップ少年野球交流大会」を松山市、燕市、浦添市、西都市の順で開催し、今年は松山市で行われます。

大会日程

2017年11月3日(金・祝)〜11月5日(日)

活動レポート

2016年の活動レポート 2015年の活動レポート 2014年の活動レポート
東京ヤクルトスワローズカップ争奪 
東京23区少年野球大会への協力

東京23区各支部予選を勝ち抜いた代表チームが、毎年11月開催の「東京ヤクルトスワローズカップ争奪 東京23区少年軟式野球大会」で東京23区チャンピオンを目指します。ヤクルト球団は、選手たちが憧れるこの大会を応援します。

大会趣旨

23区の垣根を越えて親睦交流の場として、優勝を目指して勝つことにこだわりながら競い合い、試合後は相互の健闘をたたえ合い、スポーツマンシップに基づいたフェアプレーの精神を養う健全なる青少年育成に寄与することを目的とした大会です。

実施要綱

主催 東京23区少年野球連盟
後援 東京都
   大田区
   世田谷区
   株式会社ヤクルト球団
   ナガセケンコー株式会社
   東京新聞
   東京中日スポーツ
   株式会社ヤクルト本社
   株式会社共同写真企画
会場 大田スタジアム
   大井埠頭中央海浜公園野球場 (大井スポーツセンター)
   しながわ区民公園野球場
   埠頭少年野球場
   多摩川緑地野球場
   浜町運動場
   夢の島東少年野球場
   荒川区少年運動場野球場
   大泉学園少年野球場
   世田谷公園軟式野球場
   小豆沢野球場
   台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

大会日程

2016年11月3日(木・祝)、5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、23日(水・祝)

選手コメント

東京ヤクルトスワローズ選手会長 川端 慎吾
「東京ヤクルトスワローズカップ争奪第33回東京23区少年軟式野球大会」にご参加のみなさん、こんにちは、今年から選手会長を務めさせていただいています、東京ヤクルトスワローズの川端慎吾です。
この大会は今年で33回目を迎える歴史ある大会です。本大会が今年も実施される事される事を、我々も非常に嬉しく思います。
各チームが優勝を目指し全力で戦い、野球技術の向上はもちろんですが、選手のみなさんは、この大会を通じて、野球の楽しさ、勝負の厳しさを感じてもらうと共に、マナーや礼儀、相手を思いやる気持ち等も学び、そして家族や仲間、周りの方への感謝の気持ちを忘れずにプレーして欲しいと思います。
勝負の世界ですから、もちろん厳しい戦いもあると思いますが、最後まで諦める事なく、精一杯の全力プレーを期待しています。
そして、この大会に参加している選手の中から、将来のプロ野球選手が育つことを楽しみにしています。皆さんの活躍をお祈りしています。

NPB12球団ジュニアトーナメントへの出場

毎年7月に選考会を実施。選ばれた選手18名でジュニアチームを結成します。9月から土日、祝日に練習を行い、12月に開催されるトーナメントに挑みます。

2016 東京ヤクルトスワローズジュニアチーム

背番号 氏名 所属チーム
1 芹澤 春 葛生クラブ
2 白水 大陸 川越フェニックス
3 佐藤 壱聖 杉並ライオンズ
4 高橋 俊吾 松戸スラッガーズ
5 鈴木 滉晴 静イーグル
6 今野 純之介 笠懸東小イースターズ
7 松田 碧海 御殿場シャークス
8 衣川 大樹 美女木ボーイズ
9 伊丹 一博 大宮アローズ
10 鈴木 泰成 勝田野球スポーツ少年団
11 中沢 舟汰 美里少年野球スポーツ少年団
12 森田 大介 品川レインボーズ
13 佐山 未來 大南学童
14 小林 優斗 駒形ジュニアーズ
15 石川 大耀 東京サニーズ
16 前田 尚哉 ジュニアヤンガーズ
17 大内 碧真 富士見エンゼルス
18 堀江 遼樹 オール東海ジュニア