球団のあゆみ

2020年代



2020年
2月1日~2月25日
第21回浦添キャンプ
2月1日~25日
ファーム西都キャンプ
3月19日
新型コロナウィルス感染拡大の影響で開幕が延期、開幕延期は2011年の東日本大震災以来9年振り。
6月19日
3ヶ月遅れで開幕、当分は無観客で開催すると決定。
6月27日
山田哲人内野手が対巨人2回戦の6回裏に藤岡投手から通算7本目となる満塁本塁打、これで17年から4年連続で記録しており、01~04年のラミレス、10~13年の畠山と並ぶ球団タイ記録。
7月11日
青木宣親外野手が対巨人4回戦(ほっともっと神戸)の1回表にサンチェス投手から左翼席に先制本塁打を放ち、球団通算8000本塁打のメモリアルアーチを達成、プロ野球9球団目。
7月26日
坂口智隆外野手が対巨人8回戦(神宮球場)の1回裏に桜井投手から08年以来、12年ぶり2本目の先頭打者本塁打を放つ、先頭打者本塁打の12年のブランクはプロ野球最長タイ、なお、両リーグでの先頭打者本塁打を記録したのは3年ぶり18人目。
7月31日
村上宗隆内野手が対中日7回戦(ナゴヤドーム)の4回表大野投手から右翼へ2ランホームラン、これで7月の打点が31となり、球団の日本人選手月間最多打点を29年ぶりに更新。
8月12日
セ・パ両リーグが6・7月度の月間MVP賞を発表し、村上宗隆内野手が打率 .339、6本塁打、37打点を記録し、球団史上最年少で受賞。
8月15日
小川泰弘投手が対DeNA11回戦(横浜スタジアム)に先発し、プロ野球史上82人目、通算93度目のノーヒットノーランを達成、球団では06年のガトームソン以来、14年ぶり8人目で9度目の快挙。
8月23日
山田哲人内野手が対阪神12回戦に先発出場し、通算1000試合出場を達成、プロ野球507人目。
9月17日
中山翔太外野手が対DeNA18回戦の6回裏に代打で出場し、山崎康晃投手からレフトへ本塁打、これで9月の代打本塁打が3本目となり、球団では76年に大杉が記録した月間代打本塁打数のタイ記録に並ぶ、また3カード連続の代打本塁打は24年ぶりプロ野球で2人目。
9月20日
対広島14回戦(神宮球場)の1回裏、1番濱田、2番青木、3番山田がプロ野球史上25年ぶり5度目、球団では初となる初回先頭打者から3者連続本塁打を記録、1番濱田の先頭打者本塁打は、99年の岩村内野手が記録した20歳3か月を抜いて20歳0か月の球団最年少記録を更新。
9月30日
石川雅規投手が対DeNA20回戦(横浜スタジアム)に先発し、6回2死まで2失点でまとめ今季の初勝利をあげる、これでプロ1年目から19年連続勝利を達成、大卒での19年連続勝利はプロ野球2人目、先発に限定するとプロ野球初、なお40歳での勝利は球団でも初の快挙。
10月19日
坂口智隆外野手が対阪神21回戦(甲子園球場)の4回表に、ガンケル投手からレフト前に先制タイムリーを放ち、通算1500本安打を達成(プロ野球129人目)
10月25日
五十嵐亮太投手が自身の引退試合となる対中日最終戦の8回表に登板、打者1人をサードゴロに打ち取り日米通算906試合の登板を終える、これでNPBでは90・00・10・20年代の4代に渡っての登板となり、4つの年代で登板した投手はプロ野球5人目、また41歳4か月での登板は92年9月23日の新浦投手に並び、球団最年長記録となった。
11月5日
村上宗隆内野手が対阪神24回戦(甲子園球場)の2回表に二盗・三盗・本盗に成功、1イニング3盗塁は41年ぶり17人目のプロ野球タイ記録、セ・リーグでは67年ぶり3人目の記録。
11月14日
セ・リーグの全日程が終了、チームは2年連続の最下位に沈んだが、日本人としては球団初となる全試合4番打者出場の村上宗隆内野手が、プロ野球最年少で最高出塁率を獲得、また清水昇投手が2年目で初の最優秀中継ぎ投手を獲得。

高津監督就任。村上宗隆がベストナインと最高出塁率者賞を受賞
2019年を最下位で終えたチームは、投手陣の再建を図るため、高津臣吾が新監督に就任。オフのドラフト会議では甲子園を沸かせた奥川恭伸を指名し、イノーア、クックといった外国人投手をシーズン前に補強。楽天を自由契約となっていた嶋基宏、メジャーリーグでの経験も豊富なエスコバーをチームに加え、シーズンに備えた。

世界的に猛威を振るった新型コロナウイルスの影響もあり、無観客で開幕された開幕戦。本拠地・神宮で行われた中日ドラゴンズとの一戦は、石川雅規がゲームを作れず、延長の末に7対9で敗戦。翌日の第2戦は先発の小川泰弘が6回2失点の好投を見せ、今シーズン初勝利を手にした。

7月に入ると、2日の広島戦で村上宗隆がサヨナラ本塁打、25日の巨人戦で代打・川端慎吾がサヨナラタイムリーを放つなど、接戦を制する試合が増え、13勝9敗4分という好成績を残す。開幕から6試合に登板し、粘りの投球で無傷の開幕4連勝を飾った小川泰弘がチームを支え、4番に固定された村上宗隆は7月に月間31打点をマークするなど、印象的な活躍を見せた。

しかし、7月27日に山田哲人が上半身のコンディション不良を理由に出場登録を抹消されると、ここから徐々にチームの歯車が狂いだす。エースの小川泰弘が8月1日の中日戦でシーズン初黒星を喫すると、2度の5連敗もあり、チームは一気に最下位へ転落した。

9月以降も狂った歯車は戻らず、最下位を抜け出せないままシーズンは終了。投打共に精彩を欠いた試合が続き、41勝69敗10分、2年連続の最下位という厳しい現実を突き付けられた。

それでもエースの小川泰弘は、8月15日の横浜DeNA戦でプロ野球史上82人目となるノーヒットノーランを達成し、2015年以来となる二桁勝利をマーク。2020年シーズンをキャプテンとして戦った青木宣親も打率.317、18本の本塁打を放ち打線を牽引した。また、プロ2年目でセットアッパーとして52試合に登板した清水昇が最優秀中継ぎ賞を受賞。村上宗隆は全120試合に4番として出場し、ベストナインと最高出塁率者賞を受賞するなど、若き主砲としての地位を確かなものとした。

セ・リーグ順位表

順位
チーム
試合
勝率
ゲーム差
1
読売ジャイアンツ
120
67
45
8
.598
2
阪神タイガース
120
60
53
7
.531
7.5
3
中日ドラゴンズ
120
60
55
5
.522
8.5
4
横浜DeNAベイスターズ
120
56
58
6
.491
12.0
5
広島東洋カープ
120
52
56
12
.481
13.0
6
東京ヤクルトスワローズ
120
41
69
10
.373
25.0

主なラインナップ(監督:高津臣吾)

打順 守備
選手名
年齢
打率
本塁打
打点
1(中)
坂口智隆
36
.246
9
36
2(左)
青木宣親
38
.317
18
51
3(二)
山田哲人
28
.254
12
52
4(一)
村上宗隆
20
.307
28
86
5(三)
西浦直亨
29
.245
10
43
6(遊)
エスコバー
34
.273
1
30
7(右)
山崎晃大朗
27
.245
3
23
8(捕)
西田明央
28
.232
7
20
9(投)
※先発投手
中村悠平
30
.175
0
3
宮本丈
25
.274
2
12
塩見泰隆
27
.279
8
21
打順 守備
選手名
年齢
登板
勝敗S
防御率
小川泰弘
30
20
10-8-0
4.61
石川雅規
40
15
2-8-0
4.48
スアレス
31
12
4-4-0
2.67
清水昇
24
52
0-4-0
3.54
石山泰稚
32
44
3-2-20
2.01
  • 年齢は満年齢


表彰選手

セ・リーグ表彰
最高出塁率
村上宗隆(初)
最優秀中継ぎ
清水昇(初)
ベストナイン(一塁手)
村上宗隆(初)
特別賞
ゴールデングラブ賞(外野手)
青木宣親(7回)
月間MVP(6・7月度・野手部門)
村上宗隆(初)