• ヤクルト
  • 15 - 2 試合終了
  • DeNA

2019年8月14日(水) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
0
7
2
0
0
3
0
4
4
0
0
5
0
0
6
0
3
7
0
1
8
1
0
9
1
X
R
2
15
H
3
17
E
0
0
  • 第21回戦 10勝11敗0分
  • 観衆数 27,809人
戦評

先発の石川投手が8回1安打1失点!投打が噛み合い、15対2の快勝!

14日(水)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。先発の石川投手は初回、先頭の桑原選手に四球を与えますが、筒香選手を併殺打、ロペス選手をサードゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

その裏、打線は廣岡選手が死球を受けて出塁すると、続く青木選手が四球を選び、一、二塁に走者を進めます。ここで山田選手がセンターへ30号3ランを放ち、3点を先制します。一死後、雄平選手、村上選手の連打で再び一、二塁に走者を進めると、中村選手がタイムリー内野安打を放ち、4対0とします。さらに大引選手がレフトスタンドへ1号3ランを放ち、7対0とリードを広げます。

大量援護をもらった石川投手は2回、3回を連続で三者凡退に抑える完ぺきなピッチング。するとその裏、打線は無死二塁のチャンスで村上選手がタイムリーを放ち、8点目を奪います。さらに中村選手の安打と石川投手の犠打などで二死二、三塁に走者を進めると、廣岡選手がレフトへ2点タイムリー二塁打、青木選手がタイムリーを放ち、11対0と突き放します。

石川投手は4回、5回、6回を連続で三者凡退に抑える好投を見せると、打線はその裏にバレンティン選手が25号ソロ、村上選手が26号2ランを放ち、14対0と大量リードを奪います。

7回、石川投手は桑原選手をショートゴロ、筒香選手を空振り三振、ロペス選手をレフトフライに打ち取り、ノーヒットピッチングを続けます。

その裏、打線は二死から荒木選手が二塁打を放つと、上田選手がライトへタイムリーを放ち、15点目を奪います。

8回、石川投手は先頭のソト選手をショートゴロに打ち取りますが、続く伊藤裕選手に左中間へ4号ソロを運ばれ、1点を失います。

大量リードのまま迎えた9回は2番手・坂本投手が登板。二死満塁のピンチで押し出しの四球を与え1点を失いますが、その後は後続を抑えて試合終了。石川投手の好投が光り、15対2の快勝で試合を終えました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 石川 雅規(6勝5敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 DeNA 濵口 遥大(6勝4敗0S)
本塁打 ヤクルト 山田 哲人 30号 3ラン(1回)大引 啓次 1号 3ラン(1回)バレンティン 25号 ソロ(6回)村上 宗隆 26号 2ラン(6回)
DeNA 伊藤 裕季也 4号 ソロ(8回)
バッテリー
  ヤクルト 石川 雅規、坂本 光士郎 - 中村 悠平、井野 卓
DeNA 濵口 遥大、齋藤 俊介、藤岡 好明、飯塚 悟史 - 嶺井 博希、戸柱 恭孝

後日、公式記録に修正される場合があります