• ヤクルト
  • 4 - 3 試合終了
  • 広島

2020年7月1日(水) vs 広島

JERA セ・リーグ公式戦 18:00 神宮

 
広島広島
ヤクルトヤクルト
1
1
2
2
0
0
3
2
0
4
0
2
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
X
R
3
4
H
9
8
E
3
1
  • 第1回戦 1勝0敗0分
  • 観衆数 -
戦評

村上選手の2点タイムリー、西浦選手の2号2ラン、チーム一丸で接戦を制す

1日(水)、神宮球場での広島東洋カープ戦。先発・スアレス投手は初回、四球と犠打で得点圏に走者を背負うと、二死後、鈴木選手の打球に味方のエラーが絡み1点を失います。

打線はその裏、坂口選手の内野安打などで一死二、三塁のチャンスを作ると、村上選手がセンターへ2点タイムリーを放ち、逆転に成功します。

スアレス投手は2回、四球で走者を許すものの後続を打ち取ります。しかし3回、西川選手に同点タイムリー、松山選手に逆転のタイムリー二塁打を浴びてしまいます。
4回は二死から安打で走者を背負いますが、菊池選手を空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けます。

するとその裏、村上選手が四球で出塁すると、西浦選手がレフトスタンドに飛び込む2号2ランを放ち、再び逆転に成功します。

スアレス投手は5回、一死から鈴木選手への死球で走者を背負いますが、後続を打ち取り、5回3失点(自責点1)で、マウンドを後に託します。
6回、2番手で登板した梅野投手は堂林選手に安打を許しますが、後続を打ち取ります。
7回は3番手・清水投手が菊池選手を内野ゴロ、西川選手を見逃し三振、鈴木選手をセンターフライに打ち取り、三者凡退に切って取ります。
8回、4番手・マクガフ投手は松山選手に安打を許しますが、続く會澤選手を併殺打に打ち取ると、堂林選手を内野ゴロに打ち取ります。
迎えた9回、5番手でマウンドに上がった石山投手は、四球と安打で一死一、三塁のピンチを招きますが、菊池選手を見逃し三振に仕留めると、高橋選手の打球をショート・エスコバー選手がつかみ試合終了。チーム一丸で接戦を制しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト スアレス(2勝0敗0S)
セーブ投手 ヤクルト 石山 泰稚(0勝1敗1S)
敗戦投手 広島 ジョンソン(0勝2敗0S)
本塁打 ヤクルト 西浦 直亨 2号 2ラン(4回)
広島
バッテリー
  ヤクルト スアレス、梅野 雄吾、清水 昇、マクガフ、石山 泰稚 - 古賀 優大
広島 ジョンソン、高橋 樹也、塹江 敦哉、中﨑 翔太 - 會澤 翼

後日、公式記録に修正される場合があります