• 西武
  • 3 - 1 試合終了
  • ヤクルト

2020年3月15日(日) vs 西武

オープン戦 13:00 メットライフ

 
ヤクルトヤクルト
西武西武
1
0
0
2
0
0
3
1
0
4
0
0
5
0
3
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
R
1
3
H
5
4
E
1
1
出場中選手
出場成績
戦評

青木選手が先制タイムリーを放つも、オープン戦最終戦を勝利で飾れず…

15日(日)、メットライフドームでの埼玉西武ライオンズとのオープン戦。先発の高橋投手は初回、二死から森選手に安打、山川選手に四球を与え、一、二塁に走者を背負いますが、外崎選手を空振りの三振に仕留めてピンチを切り抜けます。続く2回は味方の悪送球で走者を背負いますが、スパンジェンバーグ選手をレフトフライ、メヒア選手をセンターフライ、木村選手を見逃し三振に切って取り、無失点を続けます。

打線は3回、二死から山田選手がレフトへ安打を放ち出塁すると、続く青木選手がレフトへタイムリー二塁打を放ち、先制に成功します。

1点リードで迎えた5回、高橋投手はメヒア選手、木村選手に連打を浴び、無死一、三塁のピンチを招くと、金子選手に犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれます。ここで高橋投手はマウンドを降り、2番手・坂本投手がマウンドへ。坂本投手は源田選手、山川選手への四球などで二死満塁のピンチを招くと、外崎選手、中村選手に連続で押し出し四球を与え、1対3とリードを許します。

6回は3番手・山田大投手が登板。代打・栗山選手に四球を与えますが、木村選手をライトフライ、金子選手、源田選手を連続で三振に仕留めます。山田大投手は続投した7回を三者凡退に切って取ると、続く8回も三者凡退に封じ、3イニングを無失点に抑える好投を見せます。

2点を追いかける9回、打線は相手のエラーと吉田大成選手の四球などで二死満塁のチャンスを作りますが、あと一本が出ずに試合終了。1対3で敗れました。

責任投手/本塁打
勝利投手 西武 増田 達至(1勝0敗0S)
セーブ投手 西武 平良 海馬(0勝0敗1S)
敗戦投手 ヤクルト 高橋 奎二(0勝2敗0S)
本塁打 西武
ヤクルト
バッテリー
  西武 與座 海人、増田 達至、松坂 大輔、平良 海馬 - 森 友哉
ヤクルト 高橋 奎二、坂本 光士郎、山田 大樹 - 嶋 基宏、西田 明央

後日、公式記録に修正される場合があります