• ヤクルト
  • 2 - 14 試合終了
  • 中日

2019年9月21日(土) vs 中日

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
中日中日
ヤクルトヤクルト
1
1
0
2
0
0
3
5
0
4
0
1
5
2
1
6
2
0
7
0
0
8
0
0
9
4
0
R
14
2
H
15
6
E
2
0
  • 第24回戦 11勝13敗0分
  • 観衆数 30,513人
戦評

館山投手が引退登板、畠山選手は現役最後の試合で安打を記録!

21日(土)、神宮球場での中日ドラゴンズ戦。今シーズン限りでの引退が決まっている先発・館山投手は初回、先頭の大島選手を内野ゴロに打ち取ると、満員の神宮球場のファンから盛大な拍手を受けながらマウンドを後にします。2番手で登板した清水投手は京田選手に三塁打を浴び、続く福田選手にレフトへの犠牲フライを打たれ、先制を許してしまいます。

清水投手は2回を三者凡退に抑えますが、3回に先頭の木下拓選手にレフトスタンドへ2号ソロを浴びてしまいます。さらに柳投手に安打を浴びるなど、二死一、二塁のピンチを招くと、ビシエド選手にタイムリーを浴び0対3とリードを広げられます。なおも続く高橋選手にライトスタンドへ7号3ランを浴び、突き放されてしまいます。

4回は3番手・大下投手がマウンドに上がると、平田選手をファウルフライ、木下拓選手、柳投手を内野ゴロに打ち取り、三者凡退に抑えます。

するとその裏、打線は一死から村上選手がライトスタンドへ飛び込む36号ソロを放ち1点を返します。

大下投手は5回、先頭の大島選手に3号ソロを浴びてしまいます。続く京田選手に安打を許すと、福田選手にレフトへタイムリー二塁打を浴び、1対8とされます。

その裏、打線は一死から塩見選手が四球を選ぶと、相手のエラーで三塁まで進みます。すると、青木選手がタイムリーを放ち、2対8とします。

4番手・坂本投手が6回のマウンドに上がると、先頭の平田選手の安打などで二死二塁とされます。ここで、大島選手、京田選手に連続タイムリーを浴び、追加点を許してしまいます。

その裏、館山投手と共に現役を退くことが決まっている畠山選手が代打で打席に立つと、ライトへ安打を放ちます。しかし後続が倒れ、チャンスを作ることができません。

坂本投手は続投した7回を三者凡退に抑えると、8回に登板した5番手・平井投手も三者凡退に抑える好投を見せます。

9回、6番手・近藤投手は大島選手、京田選手に連打を浴びると、加藤選手のタイムリーなどで4点を失います。その裏、打線は得点を奪うことが出来ず、2対14で敗れました。

責任投手/本塁打
勝利投手 中日 柳 裕也(11勝6敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 清水 昇(0勝3敗0S)
本塁打 ヤクルト 村上 宗隆 36号 ソロ(4回)
中日 木下 拓哉 2号 ソロ(3回)高橋 周平 7号 3ラン(3回)大島 洋平 3号 ソロ(5回)阿部 寿樹 7号 2ラン(9回)
バッテリー
  ヤクルト 館山 昌平、清水 昇、大下 佑馬、坂本 光士郎、平井 諒、近藤 一樹 - 松本 直樹
中日 柳 裕也、三ツ間 卓也、又吉 克樹 - 木下 拓哉、加藤 匠馬

後日、公式記録に修正される場合があります