• ヤクルト
  • 7 - 2 試合終了
  • DeNA

2019年7月10日(水) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
0
0
2
0
0
3
2
1
4
0
1
5
0
0
6
0
0
7
0
1
8
0
4
9
0
X
R
2
7
H
6
7
E
1
0
  • 第15回戦 6勝9敗0分
  • 観衆数 26,350人
戦評

雄平選手、荒木選手が代打でタイムリーを放つ活躍!リリーフ陣が無失点リレーで勝利!

10日(水)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。先発・高橋投手は初回、神里選手を空振り三振に切って取ると、宮崎選手、ロペス選手を内野ゴロに打ち取り三者凡退に抑えます。2回も三者凡退に抑えますが、3回、先頭の伊藤光選手に四球を与えるなど、二死一、三塁のピンチを招くと宮崎選手にタイムリーを浴び先制を許してしまいます。続くロペス選手にもセンターへのタイムリー二塁打を浴び0対2とされます。

その裏、打線は二死から山田選手がセンターへ安打を放つと、青木選手がセンターへのタイムリー二塁打を放ち1対2。さらに4回、先頭・村上選手のライトへの安打などで一死二、三塁のチャンスを作ると中村選手の内野ゴロの間にランナーが還り、同点とします。

高橋投手は5回、濱口投手、神里選手を連続三振に切って取ると、宮崎選手を内野ゴロに仕留めます。6回は一死から筒香選手に四球、ソト選手に安打を浴びるなど二死一、三塁のピンチを招きますが、伊藤光選手を内野ゴロに打ち取り得点を与えません。

7回、2番手・近藤投手がマウンドに上がると、二死から神里選手にライトへの安打を浴びますが、宮崎選手を内野ゴロに仕留めます。

打線はその裏、一死から中村選手が四球を選ぶと、続く廣岡選手がバントを成功させ得点圏に走者を進めます。ここで代打・雄平選手がレフトへのタイムリーを放ち、勝ち越しに成功します。

3番手のハフ投手は8回、ロペス選手をファウルフライに打ち取ると、筒香選手、ソト選手を連続三振に切って取り、三者凡退に抑えます。

追加点を奪いたい打線はその裏、先頭のバレンティン選手の四球、相手のエラーなどで一死満塁のチャンスを作ると、中村選手がセンターへタイムリー、続く廣岡選手が犠牲フライを放ち5対2とします。なおも二死一、三塁から代打・荒木選手がライトへ2点タイムリー二塁打を放ち、リードを広げます。

9回、4番手・マクガフ投手が登板すると、代打・関根選手、伊藤光選手を内野ゴロ、続く大和選手をファウルフライに打ち取り7対2で試合終了。雄平選手、荒木選手が代打でタイムリーを放つ活躍を見せ、白星を飾りました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 近藤 一樹(3勝1敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 DeNA 国吉 佑樹(4勝3敗0S)
本塁打 ヤクルト
DeNA
バッテリー
  ヤクルト 高橋 奎二、近藤 一樹、ハフ、マクガフ - 中村 悠平
DeNA 濵口 遥大、三嶋 一輝、国吉 佑樹、、齋藤 俊介 - 伊藤 光

後日、公式記録に修正される場合があります