• ヤクルト
  • 6 - 11 試合終了
  • DeNA

2019年5月18日(土) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
1
0
2
0
0
3
2
0
4
0
3
5
3
0
6
0
0
7
5
3
8
0
0
9
0
0
R
11
6
H
14
7
E
1
1
  • 第8回戦 3勝5敗0分
  • 観衆数 30,463人
戦評

4回に村上選手が一時同点となる11号3ランを放つも、その後突き放され敗戦…

18日(土)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。先発の石川投手は初回、神里選手、宮崎選手の連打で無死一、三塁のピンチを招くと、ソト選手に犠牲フライを打たれ、先制を許します。さらに3回、二死から宮崎選手に四球を与えると、ソト選手にセンターへ12号2ランを打たれ、リードを3点に広げられてしまいます。

反撃したい打線は4回、バレンティン選手の安打、雄平選手の四球で一死一、二塁のチャンスを作ります。ここで村上選手が右中間へ11号3ランを放ち、3対3の同点に追いつきます。

しかし直後の5回、石川投手は上茶谷投手、神里選手の連打で一死一、二塁のピンチを招きます。ここで石川投手はマウンドを降り、2番手・五十嵐投手に後を託します。流れを断ち切りたい五十嵐投手でしたが、宮崎選手にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越しを許してしまいます。なおも一死二、三塁の場面でソト選手のサードゴロの間にランナーが還り5点目を失うと、続く筒香選手にもタイムリーを打たれ、3対6と3点を追いかける苦しい展開に。

6回に登板した3番手・大下投手は走者を出しながらも無失点に抑えます。7回も続投しますが、宮崎選手、大和選手、伊藤光選手のタイムリーなどで5点を奪われ、3対11と突き放されてしまいます。

その裏、打線は代打・渡邉選手が死球を受け出塁すると、坂口選手がレフトへ安打を放ち、無死一、二塁のチャンスを作ります。ここで青木選手がライトへタイムリーを放ち4点目を挙げます。さらに二死三塁の場面でバレンティン選手が右中間へ9号2ランを放ち、6対11と追い上げます。

8回は4番手・中尾投手が2つの三振を含む三者凡退に抑えると、9回は5番手・風張投手が無失点に抑えます。

5点を追いかける9回、打線は一死から青木選手がレフトへ安打を放ちますが、後続が倒れて試合終了。6対11で敗れました。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA 上茶谷 大河(1勝3敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 石川 雅規(1勝2敗0S)
本塁打 ヤクルト 村上 宗隆 11号 3ラン(4回)バレンティン 9号 2ラン(7回)
DeNA ソト 12号 2ラン(3回)
バッテリー
  ヤクルト 石川 雅規、五十嵐 亮太、大下 佑馬、中尾 輝、風張 蓮 - 中村 悠平
DeNA 上茶谷 大河、砂田 毅樹、エスコバー、石田 健大、三嶋 一輝 - 伊藤 光

後日、公式記録に修正される場合があります