• 中日
  • 4 - 2 試合終了
  • ヤクルト

2019年4月19日(金) vs 中日

JERA セ・リーグ公式戦 18:00 ナゴヤドーム

 
ヤクルトヤクルト
中日中日
1
0
0
2
1
1
3
0
0
4
0
2
5
0
0
6
1
0
7
0
1
8
0
0
9
0
X
R
2
4
H
7
10
E
1
0
  • 第4回戦 2勝2敗0分
  • 観衆数 27,890人
戦評

小川投手が今シーズン初勝利を目指すも、接戦をものにできず敗戦

19日(金)、ナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦。先発の小川投手は初回を三者凡退に抑える順調な立ち上がり。打線は2回にバレンティン選手の安打と西浦選手の二塁打などで一死二、三塁のチャンスを作ると、村上選手のショートゴロの間に走者が還り1点を先制します。

その裏、アルモンテ選手の安打と高橋選手の四球で一死一、二塁のピンチを招くと、阿部選手にレフトへタイムリーを浴び、1対1の同点に追いつかれてしまいます。

同点で迎えた4回、一死一塁から阿部選手に左中間へ2号2ランを浴び、1対3と勝ち越しを許してしまいます。

2点のビハインドで迎えた6回、青木選手の安打、山田選手の安打と盗塁で一死二、三塁とすると、雄平選手がレフトへ犠牲フライを放ち、1点差に追い上げます。

7回は2番手・マクガフ投手が登板。平田選手の安打、大島選手の安打などで二死満塁のピンチを招くと、高橋選手に押し出し四球を与え、4点目を奪われます。

8回は3番手・梅野投手が走者を出しながらも無失点に抑えます。反撃したい打線でしたが9回は三者凡退に倒れて試合終了。接戦をものにできず、2対4で敗戦しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 中日 笠原 祥太郎(2勝0敗0S)
セーブ投手 中日 鈴木 博志(0勝0敗6S)
敗戦投手 ヤクルト 小川 泰弘(0勝2敗0S)
本塁打 中日 阿部 寿樹 2号 2ラン(4回)
ヤクルト
バッテリー
  中日 笠原 祥太郎、谷元 圭介、ロドリゲス、R.マルティネス、鈴木 博志 - 加藤 匠馬
ヤクルト 小川 泰弘、マクガフ、梅野 雄吾 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります