• ヤクルト
  • 1 - 4 試合終了
  • DeNA

2018年10月9日(火) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
3
0
5
1
0
6
0
1
7
0
0
8
0
0
9
0
0
R
4
1
H
8
6
E
0
0
  • 第25回戦 15勝10敗0分
  • 観衆数 28,507人
戦評

打線繋がらず敗戦を喫するも、レギュラーシーズン全日程を終え2位の成績で本拠地開催CSに臨む

9日(火)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。先発・館山投手は、初回を三者凡退に切って取ると、2回は一死から連打を浴び一、二塁に走者を背負いますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。3回は嶺井選手への死球、筒香選手には四球を与えますが、ソト選手を併殺打に打ち取ると、宮崎選手を内野ゴロに仕留め、得点を与えません。
しかし4回、四球と2本の安打で無死満塁のピンチを招くと、柴田選手に四球を与え、押し出しで1点を失います。続く平良投手は併殺打に打ち取りますが、嶺井選手に2点タイムリー二塁打を浴び、館山投手はここで降板となります。2番手・カラシティー投手は筒香選手をライトフライに打ち取ります。
5回、前の回から続投のカラシティー投手は、先頭のソト選手に41号ソロを浴び、リードを広げられてしまいます。
6回は3番手・ハフ投手が、嶺井選手、筒香選手、ソト選手を三者三振に切って取る好リリーフを見せます。

その裏、一死から大引選手がレフトスタンドへ5号ソロを運び、1点を返します。

7回、4番手・星投手は宮崎選手に四球を与えると、ロペス選手に安打を浴び、一、二塁に走者を背負いますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。
8回、5番手・近藤投手が三者凡退に切って取ると、9回は6番手・風張投手が三者凡退に仕留め、味方の反撃を待ちます。

9回、継投陣の好投に応えたい打線でしたが、チャンスを作ることができず試合終了。レギュラーシーズン最終戦を白星で飾ることはできませんでしたが、75勝66敗2分 勝率.532の成績でレギュラーシーズン全日程を終え、10月13日(土)から本拠地・神宮球場で開催される2018 マイナビ CS セ ファーストステージに臨みます。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA 三嶋 一輝(7勝2敗0S)
セーブ投手 DeNA 山﨑 康晃(2勝4敗37S)
敗戦投手 ヤクルト 館山 昌平(0勝4敗0S)
本塁打 ヤクルト 大引 啓次 5号 ソロ(6回)
DeNA ソト 41号 ソロ(5回)
バッテリー
  ヤクルト 館山 昌平、カラシティー、ハフ、星 知弥、近藤 一樹、風張 蓮 - 中村 悠平
DeNA 平良 拳太郎、三上 朋也、砂田 毅樹、三嶋 一輝、パットン、山﨑 康晃 - 嶺井 博希

後日、公式記録に修正される場合があります