• DeNA
  • 2 - 1 試合終了
  • ヤクルト

2017年7月17日(月) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 横浜

 
ヤクルトヤクルト
DeNADeNA
1
0
0
2
0
0
3
0
1
4
0
0
5
0
0
6
0
1
7
0
0
8
0
0
9
1
X
R
1
2
H
5
7
E
0
0
  • 第13回戦 5勝8敗0分
  • 観衆数 28,906人
戦評

先発・原樹理投手が6回2失点の粘投も、打線つながらず敗戦

17日(月・祝)、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦。スワローズは初回、山田選手のレフトへの安打、バレンティン選手の四球などで二死一、二塁とチャンスを作りますが、後続が倒れ先制点を奪うことができません。

先発・原樹理投手はその裏、先頭の桑原選手のセンターへの安打、田中選手の犠打で一死二塁とピンチを招きますが、筒香選手をセカンドフライ、ロペス選手を三球三振に抑え無失点で切り抜けます。続く2回は三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せます。

しかし3回、先頭の今永投手のセンターへの安打、桑原選手のサードへの内野安打などで二死一、三塁のピンチを招くと、筒香選手にピッチャー強襲の内野安打を浴び、先制を許してしまいます。

追いつきたい打線は5回、先頭の西浦選手がレフトへの二塁打で出塁しチャンスを作りますが、後続が倒れ得点を奪うことができません。

粘投を見せていた原樹理投手でしたが6回、一死から筒香選手にライトスタンドへ13号ソロを浴び2点目を失ってしまいます。続くロペス選手にレフトへの安打を許しますが、宮崎選手をショートへの併殺打に打ち取り味方の反撃を待ちます。

すると7回、坂口選手のセンターへの安打、中村選手の四球、代打・西田選手の四球などで二死満塁とチャンスを作ります。しかしあと一本が出ず、このチャンスを活かすことができません。

7回は2番手・中澤投手、8回は3番手・松岡投手がそれぞれ三者凡退に抑える完璧なピッチングを見せます。

2点を追う9回、先頭の坂口選手がライトスタンドへ3号ソロを放ち1点を返すと、西浦選手のレフトへの安打などで二死二塁と同点のチャンスを作ります。しかし、後続が倒れ試合終了。後半戦初戦を白星で飾ることはできませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA 今永 昇太(6勝5敗0S)
セーブ投手 DeNA 山﨑 康晃(1勝1敗13S)
敗戦投手 ヤクルト 原 樹理(2勝6敗0S)
本塁打 DeNA 筒香 嘉智 13号 ソロ(6回)
ヤクルト 坂口 智隆 3号 ソロ(9回)
バッテリー
  DeNA 今永 昇太、加賀 繁、田中 健二朗、パットン、三上 朋也、山﨑 康晃 - 戸柱 恭孝
ヤクルト 原 樹理、中澤 雅人、松岡 健一 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります