• 中日
  • 0 - 2 試合終了
  • ヤクルト

2018年9月23日(日) vs 中日

セ・リーグ 公式戦 14:00 ナゴヤドーム

 
ヤクルトヤクルト
中日中日
1
0
0
2
0
0
3
1
0
4
1
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
R
2
0
H
7
9
E
0
0
  • 第23回戦 12勝10敗1分
  • 観衆数 34,553人
戦評

山田選手のタイムリーで先制!井野選手のタイムリーで追加点!投手陣が完封リレーで勝利!

23日(日・祝)、ナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦。先発・原樹理投手は初回、平田選手の安打や四球などで一死一、二塁とされると、ビシエド選手にセンターへの安打を浴び、満塁のピンチを招きますが、アルモンテ選手を併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けます。2回も亀澤選手、ガルシア投手に安打を許し、二死一、二塁とされますが、後続を打ち取ります。

直後の3回、二死から青木選手がレフトへの二塁打を放つと、山田選手がライトへタイムリーを放ち、先制に成功します。
さらに4回、大引選手の四球などで二死二塁とすると、井野選手がタイムリーを放ち、2対0とします。

味方の援護をもらった原樹理投手は、毎回走者を許しながらも要所を締めるピッチングを見せ、5回無失点でマウンドを後に託します。

6回、2番手・ハフ投手は、二死から四球で走者を許しますが、後続を抑えます。7回、3番手・梅野投手は代打・荒木選手をショートゴロに打ち取ると、平田選手を空振り三振、京田選手をショートフライに打ち取ります。
8回は4番手・近藤投手が大島選手、ビシエド選手、アルモンテ選手を三者凡退に仕留め、流れを相手に渡しません。
迎えた9回、5番手・石山投手は二死から代打・藤井選手に安打を許しますが、代打・福田選手をファウルフライに打ち取り試合終了。投手陣の完封リレーで勝利です!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 原 樹理(6勝7敗0S)
セーブ投手 ヤクルト 石山 泰稚(3勝2敗30S)
敗戦投手 中日 ガルシア(13勝8敗0S)
本塁打 中日
ヤクルト
バッテリー
  中日 ガルシア、、佐藤 優 - 松井 雅人
ヤクルト 原 樹理、ハフ、梅野 雄吾、近藤 一樹、石山 泰稚 - 井野 卓

後日、公式記録に修正される場合があります