• 中日
  • 3 - 0 試合終了
  • ヤクルト

2018年7月7日(土) vs 中日

セ・リーグ 公式戦 14:00 ナゴヤドーム

 
ヤクルトヤクルト
中日中日
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
1
8
0
2
9
0
X
R
0
3
H
5
10
E
0
0
  • 第12回戦 4勝7敗1分
  • 観衆数 34,533人
戦評

小川投手が7回1失点の好投も、打線の援護なく連敗ストップならず…

7日(土)、ナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦。スワローズは初回、西浦選手と雄平選手の連打で無死一、二塁としますが、後続が倒れ先制点を奪うことができません。

その裏、スワローズ先発・小川投手は、先頭の大島選手にライトへの安打を許しますが、後続をきっちり打ち取ります。2回は二死から福田選手にレフトへの安打を浴びますが、無失点で切り抜けます。その後も、3回と5回を三者凡退に抑えるなど好投を見せます。6回は二死から京田選手、平田選手に連打を浴び、一、三塁に走者を背負いますが、ビシエド選手をショートゴロに打ち取り、得点を許しません。

一方の打線は、ドラゴンズ先発・ガルシア投手の前に、6回まで2安打と抑え込まれます。7回に二死から川端選手の安打、中村選手の四球で一、二塁と得点圏に走者を進めますが、後続が倒れ得点を奪うことができません。

その裏、小川投手はアルモンテ選手の安打、高橋選手の犠打で一死二塁のピンチを招くと、福田選手にタイムリーを浴び、1点を先制されてしまいます。さらに8回、2番手・中尾投手は一死から京田選手にライトへの二塁打を許すと、平田選手にタイムリー三塁打、ビシエド選手にタイムリー二塁打を浴び、0対3とリードを広げられてしまいます。

9回、反撃したい打線は、先頭のバレンティン選手がセンターへの安打で出塁しますが、後が続かず試合終了。終盤に失点を許し、連敗ストップとはなりませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 中日 ガルシア(9勝4敗0S)
セーブ投手 中日 鈴木 博志(4勝3敗1S)
敗戦投手 ヤクルト 小川 泰弘(4勝3敗0S)
本塁打 中日
ヤクルト
バッテリー
  中日 ガルシア、又吉 克樹、鈴木 博志 - 松井 雅人
ヤクルト 小川 泰弘、中尾 輝 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります