• 阪神
  • 2 - 3 試合終了
  • ヤクルト

2018年4月13日(金) vs 阪神

セ・リーグ 公式戦 18:00 甲子園

 
ヤクルトヤクルト
阪神阪神
1
0
0
2
1
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
1
0
9
0
2
10
1
0
R
3
2
H
13
5
E
2
0
  • 第1回戦 1勝0敗0分
  • 観衆数 39,110人
戦評

9回に一時同点とされるも、10回に雄平選手のタイムリーで勝ち越し連敗ストップ!

13日(金)、甲子園球場での阪神タイガース戦。スワローズ先発・ブキャナン投手は初回、二死から糸井選手への死球で走者を背負いますが、後続を打ち取ります。

直後の2回、先頭の川端選手がセンターへの安打で出塁すると、西浦選手もレフトへの安打で続き、一、二塁とチャンスを広げます。ここで坂口選手がライトへタイムリーを放ち、1点を先制します。

ブキャナン投手は走者を背負いながらも要所を締めるピッチングで、7回までタイガース打線を3安打無失点に抑える好投を見せます。
すると直後の8回、一死から山田選手が左中間へ2号ソロを運びます!

その裏を三者凡退に打ち取ったブキャナン投手は、9回のマウンドに上がります。ところが、先頭のロサリオ選手に内野安打で出塁を許すと、福留選手に2号2ランを浴び、同点とされてしまいます。
ここで2番手・カラシティー投手にスイッチ。カラシティー投手は大山選手と糸原選手を連続の三振に切って取ると、梅野選手を外野フライに打ち取り、試合は今シーズン初の延長戦に入ります。

10回、先頭の山田選手がレフトへの二塁打で出塁すると、山崎選手の犠打で一死三塁とチャンスを広げます。ここで雄平選手がレフトへタイムリーを放ち、勝ち越しに成功します。

その裏、3番手・石山投手は三者凡退に切って取り、3対2で勝利!連敗ストップです!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト カラシティー(1勝0敗3S)
セーブ投手 ヤクルト 石山 泰稚(0勝0敗1S)
敗戦投手 阪神 ドリス(0勝1敗5S)
本塁打 阪神 福留 孝介 2号 2ラン(9回)
ヤクルト 山田 哲人 2号 ソロ(8回)
バッテリー
  阪神 藤浪 晋太郎、岩崎 優、マテオ、ドリス - 梅野 隆太郎
ヤクルト ブキャナン、カラシティー、石山 泰稚 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります