• ヤクルト
  • 2 - 5 試合終了
  • 広島

2018年3月16日(金) vs 広島

オープン戦 13:00 神宮

 
広島広島
ヤクルトヤクルト
1
1
0
2
0
0
3
1
0
4
2
0
5
1
0
6
0
0
7
0
1
8
0
1
9
0
0
R
5
2
H
12
6
E
2
2
出場中選手
出場成績
戦評

廣岡選手がオープン戦2号ソロ!終盤に追い上げるも敗戦…

16日(金)、神宮球場での広島東洋カープとのオープン戦。スワローズ先発・寺島投手は初回、一死から菊池選手に三塁打を浴びると、続く丸選手にレフトへタイムリーを打たれ、先制を許してしまいます。

続く2回、メヒア選手の安打と2つの四球などで二死満塁と再びピンチを迎えますが、ここは後続の丸選手を打ち取り、追加点を与えません。しかし3回、先頭の鈴木選手にオープン戦3号ソロをレフトスタンドへ運ばれ、リードを2点に広げられてしまいます。

一方の打線はその裏、廣岡選手の安打と四球などで、二死一、二塁のチャンスを作りますが、打線が繋がらず得点を奪うことができません。

4回、寺島投手は先頭の堂林選手に二塁打、石原選手の進塁打で一死三塁のピンチを招きます。続く田中選手にセンター前へタイムリーを浴びると、二死後、丸選手にセンターへのタイムリー二塁打を浴び、4点を追いかける展開に。さらに
5回にも2番手の風張投手が一死二塁からメヒア選手にタイムリーを許し、0対5と試合の主導権を握られてしまいます。

6回、3番手でマウンドに上がった中尾投手は、味方のエラーと盗塁などでピンチを迎えますが、後続を抑えて無失点に切り抜けます。続く7回も安打と四球で二死一、二塁とピンチが続きますが、代打・會澤選手を空振りの三振に仕留める粘りの投球で得点を与えません。

反撃したい打線はその裏、先頭の廣岡選手がレフトスタンドへオープン戦2号ソロを放ち、1点を返します。なおも、2つの四球と山崎選手の進塁打などで二死一、三塁とチャンスが続きますが、後続が倒れ、1点を返すにとどまります。

8回、4番手の近藤投手が走者を出しながらも無失点に抑えると、その裏、坂口選手の安打と四球などで無死満塁のチャンスを作ります。ここで廣岡選手が四球を選び、押し出しで2対5と点差を縮めます。

9回は5番手・石山投手が三者凡退に抑える好リリーフを見せ、打線に望みを託しますが、その裏は得点を奪うことができず試合終了。今季初の神宮球場でのオープン戦は2対5で敗れました。

責任投手/本塁打
勝利投手 広島 野村 祐輔(2勝0敗0S)
セーブ投手 広島 一岡 竜司(0勝0敗1S)
敗戦投手 ヤクルト 寺島 成輝(0勝1敗0S)
本塁打 ヤクルト 廣岡 大志 2号 ソロ(7回)
広島 鈴木 誠也 3号 ソロ(3回)
バッテリー
  ヤクルト 寺島 成輝、風張 蓮、中尾 輝、近藤 一樹、石山 泰稚 -
広島 野村 祐輔、今村 猛、ジャクソン、塹江 敦哉、藤井 皓哉、一岡 竜司 -

後日、公式記録に修正される場合があります