• 巨人
  • 8 - 1 試合終了
  • ヤクルト

2018年3月4日(日) vs 巨人

オープン戦 14:00 東京ドーム

 
ヤクルトヤクルト
巨人巨人
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
1
0
5
0
4
6
0
0
7
0
3
8
0
1
9
0
X
R
1
8
H
4
11
E
0
0
出場中選手
出場成績
戦評

バレンティン選手のオープン戦3号ソロで先制も、リード守りきれず敗戦…

4日(日)、東京ドームでの読売ジャイアンツとのオープン戦。スワローズ先発の石川投手は初回、二死から四球で走者を出しますが、後続を抑え無失点に抑えます。続く2回は阿部選手、長野選手、岡本選手を三者凡退に抑えるなど、順調な立ち上がりを見せます。

一方の打線は3回、二死から青木選手が四球を選ぶと、続く藤井選手がセーフティーバントを決めて一、二塁とチャンスを広げます。しかし、ここは後続が打ち取られ先制点を奪うことができません。

その裏、石川投手はジャイアンツ打線を三者連続の三振に仕留める好投を見せ、打線の奮起を待ちます。すると4回、先頭のバレンティン選手がレフトスタンドへオープン戦3号ソロを放ち、先制に成功します。

ところが1点のリードで迎えた5回、2番手の大下投手は岡本選手の安打、若林選手への四球で一死一、二塁のピンチを招くと、河野選手にセンターへのタイムリーを許し同点に追いつかれてしまいます。なおも、一死一、二塁から立岡選手に2点タイムリー三塁打を浴びると、続く吉川尚選手にもライトへのタイムリーを打たれ、1対4とリードを広げられてしまいます。

6回、スワローズは3番手・秋吉投手が走者を背負いながらも無失点で切り抜けます。7回、4番手の中澤投手は先頭の立岡選手にセンターへの三塁打を浴びると、続く中井選手にレフトへのタイムリーを許して、5点目を失ってしまいます。一死後、代打・陽選手にオープン戦1号となる左中間への2ランを浴び、スコアは1対7に。

8回、5番手でマウンドに上がった田川投手は山本選手を空振り三振、河野選手をファウルフライに打ち取りますが、代打・大城選手にライトスタンドへオープン戦1号ソロを許し、7点を追う厳しい展開となってしまいます。

9回、スワローズはジャイアンツ6番手・カミネロ投手の前に三者凡退に抑えられ、1対8で試合終了。勝利を飾ることはできませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 巨人 桜井 俊貴(1勝0敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 大下 佑馬(0勝1敗0S)
本塁打 巨人 陽 岱鋼 1号 2ラン(7回)大城 卓三 1号 ソロ(8回)
ヤクルト バレンティン 3号 ソロ(4回)
バッテリー
  巨人 山口 俊、桜井 俊貴、田原 誠次、澤村 拓一、マシソン、カミネロ -
ヤクルト 石川 雅規、大下 佑馬、秋吉 亮、中澤 雅人、田川 賢吾 -

後日、公式記録に修正される場合があります