• DeNA
  • 5 - 3 試合終了
  • ヤクルト

2017年7月19日(水) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 横浜

 
ヤクルトヤクルト
DeNADeNA
1
0
0
2
1
1
3
0
1
4
0
0
5
0
0
6
1
0
7
1
1
8
0
2
9
0
X
R
3
5
H
6
11
E
0
0
  • 第15回戦 5勝10敗0分
  • 観衆数 28,939人
戦評

バレンティン選手の13号ソロで先制するも、終盤勝ち越しを許し惜敗

19日(水)、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦。スワローズ先発・石川投手は初回、桑原選手のセンターへの安打、田中選手の犠打で一死二塁のピンチを招きますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。

打線は2回、バレンティン選手が13号ソロをセンターバックスクリーンに叩き込み、幸先よく先制します。

ところがその裏、宮崎選手にレフトへの8号ソロを浴び同点とされてしまいます。さらに3回、桑原選手に四球を与えると、すかさず盗塁を決められてしまいます。続く田中選手の犠打などで二死三塁のピンチを招くと、ロペス選手にセンターへのタイムリーを浴び、勝ち越しを許してしまいます。

追いつきたい打線は6回、一死から山田選手が左中間スタンドへ14号ソロを放ち、試合を振り出しに戻します。

その裏、2番手・石山投手は宮崎選手のライトへの安打、梶谷選手の四球などでピンチを招くと、自らの暴投で二死二、三塁とされますが、代打・荒波選手をショートゴロに打ち取りベイスターズに流れを渡しません。

直後の7回、バレンティン選手がこの試合2本目となる14号ソロをレフトスタンドへ運び、勝ち越しに成功します。

しかしその裏、3番手・松岡投手が倉本選手のライトフェンス直撃の二塁打、桑原選手のピッチャー強襲の内野安打などで一死一、二塁とされたところで、4番手・中澤投手にスイッチ。しかし、筒香選手にライトへのタイムリーを浴び、同点とされてしまいます。なおも、一死一、三塁のピンチで5番手・近藤投手にスイッチ。ロペス選手を空振り三振、宮崎選手をファーストへのファールフライに打ち取ります。

8回、前の回から続投の近藤投手は戸柱選手のレフトへの安打、倉本選手への死球などで二死一、二塁のピンチを招いてしまいます。ここで、6番手・ルーキ投手にスイッチしますが桑原選手にレフトへの2点タイムリー三塁打を浴び、3対5と勝ち越しを許してしまいます。

迎えた9回、一死から中村選手がレフトへの安打で出塁するも、後続が倒れ試合終了。接戦をものにすることができませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA パットン(4勝3敗7S)
セーブ投手 DeNA 山﨑 康晃(1勝1敗15S)
敗戦投手 ヤクルト 近藤 一樹(1勝2敗1S)
本塁打 DeNA 宮﨑 敏郎 8号 ソロ(2回)
ヤクルト バレンティン 13号 ソロ(2回)山田 哲人 14号 ソロ(6回)バレンティン 14号 ソロ(7回)
バッテリー
  DeNA 石田 健大、加賀 繁、田中 健二朗、パットン、山﨑 康晃 - 嶺井 博希
ヤクルト 石川 雅規、石山 泰稚、松岡 健一、中澤 雅人、近藤 一樹、ルーキ - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります