• ヤクルト
  • 0 - 7 試合終了
  • 巨人

2017年4月28日(金) vs 巨人

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
巨人巨人
ヤクルトヤクルト
1
4
0
2
0
0
3
2
0
4
1
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
R
7
0
H
12
9
E
0
0
  • 第3回戦 0勝3敗0分
  • 観衆数 28,103人
戦評

継投陣が好投も、あと1本が出ず零封負け

28日(金)、神宮球場での読売ジャイアンツ戦、スワローズ先発の石川投手は初回、立岡選手への四球、中井選手のレフトへの安打で無死一、二塁のピンチを招くと、坂本勇選手にセンターへのタイムリーを浴び、先制を許してしまいます。続く村田選手を三振に切って取りますが、なおも一死一、二塁からマギー選手にレフトスタンドへ4号3ランを運ばれ、初回から4点を追う苦しい展開に。

反撃したい打線は2回、武内選手と西浦選手のライトへの安打などで一死一、二塁とすると、二死後、坂口選手が内野安打を放ち二死満塁のチャンスを作ります。しかし後続が倒れ、得点を奪うことができません。

直後の3回、一死一塁から石川選手に左中間スタンドへの1号2ランを浴びると、4回にはマギー選手のセンターへのタイムリー二塁打で7点目を奪われてしまいます。それでも2番手・ギルメット投手は、5回を2奪三振含む三者凡退、続く6回は1番からの好打順をわずか9球で三者凡退に抑える完璧なリリーフ。

7回、荒木選手が振り逃げで出塁すると、一死後、大引選手のライトへの安打、山田選手の四球で満塁としますが、ここもあと1本が出ず、チャンスをものにすることができません。

3番手・近藤投手は、2試合連続で2イニングを無失点に抑える好リリーフ、9回は4番手・山本投手が走者を背負うも無失点に抑え、打線の奮起を待ちます。

その裏、一矢報いたい打線でしたが、ジャイアンツ4番手・カミネロ投手の前に三者凡退に倒れ、0対7で試合終了。TOKYOシリーズ初戦を白星で飾ることはできませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 巨人 マイコラス(3勝1敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 石川 雅規(2勝2敗0S)
本塁打 ヤクルト
巨人 マギー 4号 3ラン(1回)石川 慎吾 1号 2ラン(3回)
バッテリー
  ヤクルト 石川 雅規、ギルメット、近藤 一樹、山本 哲哉 - 中村 悠平
巨人 マイコラス、篠原 慎平、池田 駿、カミネロ - 小林 誠司

後日、公式記録に修正される場合があります