• ヤクルト
  • 4 - 7 試合終了
  • 広島

2017年4月23日(日) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
広島広島
ヤクルトヤクルト
1
0
0
2
3
3
3
0
1
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
1
0
8
3
0
9
0
0
R
7
4
H
11
10
E
0
1
  • 第6回戦 2勝4敗0分
  • 観衆数 30,244人
戦評

雄平選手の1号ソロで一時勝ち越しも、逆転許し3連勝ならず…

23日(日)、神宮球場での広島東洋カープ戦。スワローズ先発のオーレンドルフ投手は初回、先頭の田中選手のセンターへの安打、丸選手への四球などで、一死一、二塁のピンチを招きますが、後続を断ち無失点で切り抜けます。ところが2回、二死から會澤選手、九里投手に連続で四球を与えると、田中選手にセンターへタイムリー二塁打、続く菊池選手にもタイムリー内野安打を浴び、3点を先制されてしまいます。

打線はその裏、先頭の雄平選手がサードへの内野安打で出塁すると、中村選手がライトへの安打を放ち、無死一、三塁のチャンスを作ります。ここで西田選手がレフトへタイムリー二塁打を放つと、続く大引選手のショートゴロの間に追加点、さらに坂口選手のレフトへのタイムリーで3対3と試合を振り出しに戻します!

3回、2番手でマウンドに上がった星投手は二死から松山選手にセンターへの安打を許しますが、後続を打ち取ります。

するとその裏、雄平選手がライトスタンドへ1号ソロを放ち、勝ち越しに成功します!

星投手は4回、會澤選手と田中選手に安打を許し一死一、三塁のピンチを招きますが、後続を断ち無失点で切り抜けます。続く5回、クリーンナップを三者凡退に切って取ると、6回は走者を背負いますが無失点に抑えます。

7回、3番手でマウンドに上がった杉浦投手は、田中選手と菊池選手を連続で空振り三振に切って取りますが、丸選手に2号ソロをレフトスタンドへ運ばれ、同点とされてしまいます。

8回、4番手・石山投手は、味方のエラーと松山選手のセンターへの安打で無死一、二塁とされると、安部選手の犠打に自らの野選がからみ、満塁のピンチを招きます。続く會澤選手から三振を奪いますが、代打・西川選手にセンターへの2点タイムリー二塁打を許し、田中選手にもライトへタイムリーを浴び、4対7と3点を勝ち越されてしまいます。

なんとか追いつきたい打線は9回、坂口選手が振り逃げで出塁、山田選手が四球を選び、二死一、二塁としますが、後続が倒れ試合終了。3連勝はなりませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 広島 一岡 竜司(1勝0敗0S)
セーブ投手 広島 今村 猛(0勝1敗2S)
敗戦投手 ヤクルト 石山 泰稚(0勝1敗0S)
本塁打 ヤクルト 雄平 1号 ソロ(3回)
広島 丸 佳浩 2号 ソロ(7回)
バッテリー
  ヤクルト オーレンドルフ、星 知弥、杉浦 稔大、石山 泰稚、ルーキ - 中村 悠平
広島 九里 亜蓮、飯田 哲矢、中田 廉、一岡 竜司、ジャクソン、今村 猛 - 會澤 翼

後日、公式記録に修正される場合があります