• 阪神
  • 4 - 1 試合終了
  • ヤクルト

2017年4月5日(水) vs 阪神

セ・リーグ 公式戦 18:00 京セラD大阪

 
ヤクルトヤクルト
阪神阪神
1
0
1
2
0
0
3
0
0
4
1
0
5
0
0
6
0
0
7
0
3
8
0
0
9
0
X
R
1
4
H
7
9
E
0
0
  • 第2回戦 1勝1敗0分
  • 観衆数 33,046人
戦評

先発・山中投手が6回1失点の好投も、終盤に勝ち越し許し3連勝ならず

5日(水)、京セラドームでの阪神タイガース戦、スワローズ先発の山中投手は初回、髙山選手と上本選手の連打、さらに糸井選手への四球で無死満塁のピンチを招くと、福留選手の内野ゴロの間に先制を許してしまいます。それでも後続を断ちこの回を最少失点で切り抜けると、2回は走者を背負うも無失点に抑えるなど、立て直します。

一方の打線は3回、中村選手のライトへの安打に、谷内選手がセンターへの安打で続き、無死一、二塁とチャンスを作りますが、ここは後続が倒れてしまいます。

それでも続く4回、一死から山田選手がレフト線への二塁打を放つと、バレンティン選手がセンターへのタイムリー!1対1の同点に追いつき、試合を振り出しに戻します。

その裏、山中投手は先頭の原口選手に安打を浴びるも後続を抑えると、その後も要所を締めるピッチングでタイガース打線に追加点を与えず、6回1失点の好投で試合を作りました。

勝ち越したい打線は直後の7回、雄平選手のレフトへの安打、畠山選手の四球で一、二塁、さらに中村選手が犠打を決め一死二、三塁とチャンスを広げます。しかしあと1本が出ず、このチャンスを活かすことができません。

するとその裏、2番手・ルーキ投手が二死一、二塁から糸井選手にライトスタンドへの3号3ランを浴び、勝ち越しを許してしまいます。その後原口選手のレフトへの安打などで二死一、二塁とされてしまったところで、3番手・中澤投手にスイッチ。鳥谷選手にライトへの安打を浴びてしまいますが、後を受けた4番手・杉浦投手が北條選手を三振に仕留め、さらなる追加点は許しません。杉浦投手は続く8回も2奪三振を含む三者凡退に抑える好リリーフを見せます。

反撃したい打線でしたが、9回は4番手・ドリス投手の前に三者凡退に倒れ、1対4で試合終了。カード勝ち越しを決めることはできませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 阪神 桑原 謙太朗(1勝0敗0S)
セーブ投手 阪神 ドリス(0勝1敗1S)
敗戦投手 ヤクルト ルーキ(0勝1敗0S)
本塁打 阪神 糸井 嘉男 3号 3ラン(7回)
ヤクルト
バッテリー
  阪神 秋山 拓巳、桑原 謙太朗、マテオ、ドリス - 梅野 隆太郎
ヤクルト 山中 浩史、ルーキ、中澤 雅人、杉浦 稔大 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります