• ヤクルト
  • 9 - 2 試合終了
  • DeNA

2017年3月31日(金) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
0
2
5
0
1
6
2
0
7
0
3
8
0
3
9
0
X
R
2
9
H
5
15
E
1
0
  • 第1回戦 1勝0敗0分
  • 観衆数 30,681人
戦評

先発・石川投手が6回2失点の好投!中村選手は3安打3打点!投打が噛み合い開幕戦を制す!!

31日(金)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。スワローズの先発・石川投手は初回、一死から梶谷選手にライトへの安打を浴びるも後続を併殺打に打ち取り3人で攻撃を終わらせます。続く2回は筒香選手への四球、田中浩選手のレフトへの安打などでピンチを招きますが、後続を抑え無失点で切り抜けると、3回はわずか10球で三者凡退に抑えます。

一方の打線は4回、バレンティン選手のライトへの安打に、雄平選手がレフトへの安打で続き一、二塁とチャンスを作ると、一死後、中村選手がセンターへのタイムリーを放ち先制!なおも一死一、二塁とチャンスは続き、西浦選手のセンターへのタイムリーで1点を追加します!

さらに続く5回、先頭の坂口選手が右中間フェンス直撃の二塁打を放つと、一死後、バレンティン選手がライトへのタイムリー二塁打を放ち、3対0とリードを広げます。

ここまで無失点に抑える好投を見せていた石川投手でしたが、6回、二死から梶谷選手にショートへの内野安打で出塁を許すと、ロペス選手に左中間スタンドへの1号2ランを浴び、3対2と1点差に迫られてしまいます。それでも続く7回は、2番手・ルーキ投手が2奪三振を含む三者凡退に抑え、ベイスターズ打線に流れを渡しません。

するとその裏、山田選手のレフト線への二塁打、バレンティン選手の四球、雄平選手のライトへの安打などで一死満塁とすると、中村選手がセンターオーバーの2点タイムリー二塁打!さらに西浦選手がライトへの犠牲フライを放ち、6対2とリードを広げます!

8回に3番手・石山投手が2奪三振含む三者凡退の好リリーフを見せると、その裏にも山田選手のレフトへのタイムリー二塁打、畠山選手のセンターへのタイムリーなどで3点を追加します。

迎えた9回、4番手・秋吉投手が2番からの好打順を三者凡退に抑え、9対2で試合終了。打っては先発全員安打の15安打9得点、投げては石川投手が6回2失点、継投陣が無失点リレーを見せるなど、投打が噛み合い2017シーズン開幕戦を白星で飾りました!!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 石川 雅規(1勝0敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 DeNA 石田 健大(0勝1敗0S)
本塁打 ヤクルト
DeNA ロペス 1号 2ラン(6回)
バッテリー
  ヤクルト 石川 雅規、ルーキ、石山 泰稚、秋吉 亮 - 中村 悠平
DeNA 石田 健大、須田 幸太、進藤 拓也、高崎 健太郎 - 戸柱 恭孝、嶺井 博希

後日、公式記録に修正される場合があります