• 阪神
  • 2 - 5 試合終了
  • ヤクルト

2016年8月27日(土) vs 阪神

セ・リーグ 公式戦 18:00 甲子園

 
ヤクルトヤクルト
阪神阪神
1
2
0
2
0
0
3
0
1
4
0
0
5
0
0
6
3
0
7
0
0
8
0
1
9
0
0
R
5
2
H
5
6
E
1
1
  • 第21回戦 10勝10敗1分
  • 観衆数 46,708人
戦評

石川投手がプロ通算150勝達成!バレンティン選手に25号3ラン!4連勝で4位浮上!

27日(土)、甲子園球場での阪神タイガース戦、スワローズは初回、先頭の坂口選手が四球で出塁。三輪選手がレフトへの安打で続き、さらに相手が後逸する間に二、三塁のチャンスを作ると、山田選手の内野ゴロの間に1点を先制します。なおも一死三塁からバレンティン選手の内野ゴロでもう1点。幸先よく2点のリードを奪いました。

一方スワローズ先発の石川投手は初回、走者を出しながらも無失点に抑えると、2回はわずか9球で三者凡退に切って取る順調な立ち上がり。ところが3回、先頭の坂本選手にセンターへの安打を許すと、青柳投手の犠打、上本選手への四球で一死一、二塁のピンチを招き、北條選手のライトへのタイムリーで1点差に迫られます。それでも後続を断ち追加点は許しません。

追加点が欲しい打線は6回、先頭の坂口選手がレフトへの安打で出塁すると、三輪選手が犠打を決めます。続く山田選手が死球を受け一死一、二塁とすると、バレンティン選手が左中間スタンドへ25号3ラン!5対1とタイガースを突き放します!

石川投手はその裏を3イニング連続となる三者凡退に抑えタイガースの反撃を許しません。8回に先頭の代打・狩野選手にバックスクリーンへの3号ソロを浴び1点を返されますが、後続を抑え最少失点で切り抜けます。

5対2で迎えた9回、続投の石川投手は二死から代打・鳥谷選手にセンターへの安打を許すと、続く大和選手に四球を与え一、二塁とされたところで2番手・秋吉投手にスイッチ。好投の石川投手の後を受けた秋吉投手は代打・ゴメス選手を空振り三振に仕留め試合終了。チームは4連勝、石川投手は史上48人目、スワローズでは金田正一氏、松岡弘氏以来3人目のプロ通算150勝を達成しました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 石川 雅規(6勝7敗0S)
セーブ投手 ヤクルト 秋吉 亮(3勝4敗14S)
敗戦投手 阪神 青柳 晃洋(4勝4敗0S)
本塁打 阪神 狩野 恵輔 3号 ソロ(8回)
ヤクルト バレンティン 25号 3ラン(6回)
バッテリー
  阪神 青柳 晃洋、松田 遼馬、島本 浩也 - 坂本 誠志郎
ヤクルト 石川 雅規、秋吉 亮 - 西田 明央

後日、公式記録に修正される場合があります