• ヤクルト
  • 2 - 0 試合終了
  • 巨人

2015年8月27日(木) vs 巨人

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
巨人巨人
ヤクルトヤクルト
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
2
9
0
X
R
0
2
H
4
4
E
0
0
  • 第19回戦 9勝10敗0分
  • 観衆数 22,714人
戦評

川端選手が好機逃さず決勝の2点タイムリー!ジャイアンツに3連勝!

27日、 神宮球場での読売ジャイアンツ戦、スワローズの先発はプロ初登板初先発の寺田投手。2回、 先頭のアンダーソン選手に死球を与えると、二死後に安打と四球で満塁のピンチを招きますが、亀井選手をレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けました。続く3回 も二死から長野選手に四球を与え、アンダーソン選手にはレフトへの安打を許し一、三塁とされますが後続を抑えジャイアンツに先制を許しません。その裏に代打を送られ3回 無失点で初先発を終えました。

4回 からは徳山投手が登板。最初のイニングを三者凡退に抑えますが、2イニング目の5回に四球や犠打、内野安打などで二死満塁のピンチを迎えます。それでも続 く村田選手をピッチャーゴロに打ち取り無失点で踏ん張ると、6回は再び三者凡退に抑えました。

一方、ジャイアンツ先発のポレダ投手にミレッジ選手の内野安打1本に抑えられていた打線はその裏、一死から代打・武内選手が振り逃げで出塁。比屋根選手の内野ゴロの間に二塁へ進み、川端選手の四球で一、二塁とこの試合初めて得点圏に走者を進めます。しかし後続が倒れ先制点を奪うことができません。

直後の7回、3番手・久古投手は一死から坂本選手に四球を与え出塁を許しますが、けん制でアウトに!ジャイアンツの攻撃を3人で終わらせると、8回 は4番手・オンドルセク投手が無失点に抑えます。

再三のピンチをしのいできた投手陣を援護したい打線はその裏、一死から中村選手がセンターへの安打で出塁すると、 代打・田中浩選手もセンター前に運ぶ安打で一、三塁とチャンスを作ります。ここでジャイアンツは2番手・マシソン投手にスイッチ。比屋根選手が空振り三振に倒れるも、スタートを切っていた田中浩選手が二塁を陥れ二死二、三塁とし、川端選手のレフト前タイムリーで2点を奪いました!

9回を5番手・バー ネット投手が2奪三振を含む三者凡退に抑え試合終了。少ないチャンスをものにしたスワローズ、5投手の継投で2夜連続の完封リレー!ジャ イアンツに3連勝です!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト オンドルセク(5勝2敗0S)
セーブ投手 ヤクルト バーネット(2勝0敗31S)
敗戦投手 巨人 ポレダ(7勝6敗0S)
本塁打 ヤクルト
巨人
バッテリー
  ヤクルト 寺田 哲也、徳山 武陽、久古 健太郎、オンドルセク、バーネット - 中村 悠平
巨人 ポレダ、マシソン - 加藤 健

後日、公式記録に修正される場合があります