2018年TOKYO燕パワーユニホーム

2018TOKYO燕パワーユニホーム

2016年にリニューアルした、ホーム、ビジターユニホームに合わせてCREWユニホーム、TOKYO燕パワーユニホームも
袖と襟にリブを付けました。
2018年の新たな特徴として、2018TOKYO燕パワーユニホームはCREWユニホーム同様、ボディ部分にラケットラインを配置しました。
従来通り、スワローズの応燕(おうえん)カラーである緑をメインカラーとしつつ、14年ぶりのセ・リーグ優勝を果たした2015年度のTOKYO燕パワーユニホームと同様のネイビー色の袖を採用しました。

スワローズ応燕(おうえん)カラー=緑色

東京ヤクルトスワローズが日本プロ野球機構に球団カラーとして登録している4色(赤、紺、緑、白)の内、
・トリコロール3色、赤 & 紺 & 白はスワローズ基本カラー
・緑色はスワローズ応燕(おうえん)カラー
として展開していきます。

それを受けて、2018年シーズン神宮球場における金曜日の試合の際は「燕パワーFRIDAY」として、選手がこの2018TOKYO燕パワーユニホームを着用します。

  • その他着用イベントにつきましては、決定次第球団公式ホームページ等でお知らせさせて頂きます

デザイナー紹介

大岩 Larry 正志

  • グラフィックデザイナー/ボイスアクター
  • ONE MAN SHOW 代表

プロ野球における主なデザイン実績

2008年 埼玉西武ライオンズ交流戦ユニホーム
2009年 福岡ソフトバンクホークス「鷹の祭典」ユニホームとグラフィックデザイン
2010年 名球会のユニホームとロゴをリニューアルデザイン
2012年~ 東北楽天ゴールデンイーグルス「EAGLE STAR」「TOHOKU GREEN」ユニホームとチャンピオンロゴ
2015年 東京ヤクルトスワローズ「CREWユニホーム」「TOKYO燕パワーユニホーム」、「CREW, TOGETHER」グラフィックや「開幕シリーズ」「SWALLOWS LADIES PROJECT」「TOKYO燕日」の各種ロゴ
2016年~ 東京ヤクルトスワローズが着用する「ホームユニホーム」「ビジターユニホーム」「CREWユニホーム」「TOKYO燕パワーユニホーム」4種類のユニホーム、「TOKYOシリーズ」、「LADIES DAY」、「つば九郎DAY」、「TOKYO燕プロジェクト」各種ロゴ、ビジュアルをデザイン

プロ野球以外にも女子カーリングチーム「北海道銀行フォルティウス」のチームロゴとユニホームデザインを手がけるほか、スキージャンプ高梨沙羅選手のヘルメットグラフィックをデザインするなど、スポーツデザインに造詣が深い。
また、アニメ「The World of GOLDEN EGGS」では、ボイスアクターとしての一面も。