2017年ユニホーム

ホームユニホーム

大きな特徴は、首周りと袖口にリブを配置したことです。
これは1974年のヤクルトスワローズ最初のユニホームのデザインが赤いストライプであったことに合わせ、その首周り、袖口にはリブが配置されていたという事実への伝統継承の意味もあります。
ホームユニホームは、その伝統の赤ストライプを継承し、ストライプは細く、間隔も広げ、全体的にスッキリとした印象になっています。

ビジターユニホーム

サードユニホームで使用している人気の「グリーン」を配色に採用したビジター用ユニホーム。筆記体の「Yakult」のロゴとスワローズ第三のカラーであるグリーンを組み合わせることで、新たな「東京スタイル」を構築。
ホーム/ビジター共に、球場の内外で、ファンから長く愛されるユニホームを目指し、スタイリッシュかつポップでシンプルなデザインに仕上げました。

CREWユニホーム

今年のユニホームの特徴でもある、グリーンのストライプがテーマです。
このストライプの線の一本一本が、選手とSwallows CREWを繋ぎ、結びつけ、チームとファンが一つになって優勝を目指すための、「燕結び」のラインとなることをイメージしました。

TOKYO燕パワーユニホーム

2017CREWユニホームにスワローズ伝統のストライプを起用した事と合わせ、同じくこの2017燕パワーユニホームにも2017年の統一したデザインテーマとして反映させました。
リブや胸ロゴや番号、ネームは白を基調にし、より洗練されたイメージとなっています。

デザイナー紹介

大岩 Larry 正志

  • グラフィックデザイナー/ボイスアクター
  • ONE MAN SHOW 代表

プロ野球における主なデザイン実績

2008年 埼玉西武ライオンズ交流戦ユニホーム
2009年 福岡ソフトバンクホークス「鷹の祭典」ユニホームとグラフィックデザイン
2010年 名球会のユニホームとロゴをリニューアルデザイン
2012年~ 東北楽天ゴールデンイーグルス「EAGLE STAR」「TOHOKU GREEN」ユニホームとチャンピオンロゴ
2015年 東京ヤクルトスワローズ「CREWユニホーム」「TOKYO燕パワーユニホーム」、「CREW, TOGETHER」グラフィックや「開幕シリーズ」「SWALLOWS LADIES PROJECT」「TOKYO燕日」の各種ロゴ
2016年 東京ヤクルトスワローズが着用する「ホームユニホーム」「ビジターユニホーム」「CREWユニホーム」「TOKYO燕パワーユニホーム」4種類のユニホームをデザイン

プロ野球以外にも女子カーリングチーム「北海道銀行フォルティウス」のチームロゴとユニホームデザインを手がけるほか、スキージャンプ高梨沙羅選手のヘルメットグラフィックをデザインするなど、スポーツデザインに造詣が深い。
また、アニメ「The World of GOLDEN EGGS」では、ボイスアクターとしての一面も。