• 阪神
  • 4 - 5 試合終了
  • ヤクルト

2019年9月10日(火) vs 阪神

セ・リーグ 公式戦 18:00 甲子園

 
ヤクルトヤクルト
阪神阪神
1
0
1
2
3
0
3
1
2
4
0
1
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
10
1
0
R
5
4
H
9
11
E
1
0
  • 第21回戦 7勝12敗2分
  • 観衆数 37,606人
戦評

途中出場の塩見選手が延長に勝ち越しのタイムリー!カード初戦を白星で飾る!

10日(火)、甲子園球場での阪神タイガース戦。スワローズ先発・高橋投手は初回、木浪選手に安打を許すと、一死後、味方のエラーなどで満塁のピンチを招いてしまいます。すると糸原選手にレフトへのタイムリーを浴び、先制を許してしまいます。

打線は2回、雄平選手の二塁打などで二死満塁のチャンスを作ると、高橋投手がセンターへ走者一掃の3点タイムリー二塁打を放ち、逆転に成功します。さらに3回、二死からバレンティン選手が31号ソロを放ち4対1とします。

高橋投手はその裏、一死からマルテ選手に四球を与えると、糸原選手をレフトフライに打ち取ります。しかし、大山選手に安打を浴び二死一、二塁とされると、中谷選手、原口選手の連続タイムリーで1点差に詰め寄られます。

4回、打線は二死から廣岡選手がライトへ二塁打を放ちますが、後続が倒れチャンスを逃してしまいます。

その裏、2番手・高梨投手がマウンドに上がると、先頭の木浪選手に三塁打を浴びるなど、一死三塁とされたところで福留選手に犠牲フライを浴び、同点に追いつかれてしまいます。続投した5回は、一死から中谷選手に死球を与えるも、原口選手を内野フライ、代打・鳥谷選手をセンターフライに打ち取るピッチングを見せます。
6回、3番手・ハフ投手は、木浪選手を内野ゴロに打ち取ると、近本選手に安打を浴びてしまいます。しかし、福留選手を空振り三振に仕留めると、近本選手の盗塁を阻止し無失点に抑えます。4番手・梅野投手は7回と8回を投げると、走者を許しながらも無失点に抑えます。
5番手・石山投手は9回、一死から福留選手に二塁打を浴びてしまいます。マルテ選手を敬遠し、一、二塁に走者を背負いますが、糸原選手をレフトフライ、大山選手をファウルフライに打ち取り、試合は延長に入ります。

10回、打線は先頭の廣岡選手がライトへ安打、代打・奥村選手が犠打を成功させるなど二死三塁のチャンスを作ると、塩見選手がタイムリーを放ち勝ち越しに成功します。

その裏、6番手・マクガフ投手は、中谷選手を空振り三振、代打・北條選手を内野ゴロ、梅野選手を空振り三振に仕留め、5対4で試合終了。途中出場の塩見選手が延長10回に勝ち越しのタイムリーを放ち、勝利しました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 石山 泰稚(2勝2敗10S)
セーブ投手 ヤクルト マクガフ(6勝3敗9S)
敗戦投手 阪神 ドリス(5勝4敗19S)
本塁打 阪神
ヤクルト バレンティン 31号 ソロ(3回)
バッテリー
  阪神 秋山 拓巳、島本 浩也、岩崎 優、ジョンソン、藤川 球児、ドリス - 原口 文仁、梅野 隆太郎
ヤクルト 高橋 奎二、高梨 裕稔、ハフ、梅野 雄吾、石山 泰稚、マクガフ - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります