• DeNA
  • 4 - 1 試合終了
  • ヤクルト

2018年9月7日(金) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 横浜

 
ヤクルトヤクルト
DeNADeNA
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
1
8
0
3
9
1
X
R
1
4
H
3
8
E
1
0
  • 第20回戦 12勝8敗0分
  • 観衆数 28,220人
戦評

先発・原樹理投手が7回5安打1失点の好投も、打線が繋がらず敗戦…

7日(金)、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦。先発・原樹理投手は初回を三者凡退に打ち取ると、2回は一死からソト選手に二塁打を許しますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。その後も、3回から5回まで3イニング連続で三者凡退に抑える好投を見せます。

6回、一死から原樹理投手が安打で出塁しますが、後続が打ち取られ先制とはなりません。

7回、原樹理投手は一死から筒香選手、ソト選手に連打を浴びると、桑原選手にセンターへタイムリーを浴び、先制を許します。なおも、一死二、三塁とピンチは続きますが、代打・佐野選手、代打・楠本選手を連続の空振り三振に切って取り、追加点は許しません。

8回、2番手・梅野投手は、石川選手の内野安打と大和選手の犠打で一死二塁のピンチを招くと、宮崎選手にライトスタンドへの24号2ランを浴びると、ロペス選手にもバックスクリーンへ飛び込む19号ソロを浴び、0対4とされてしまいます。

反撃したい打線は9回、代打・畠山選手が二塁打を放つと、坂口選手と上田選手が四球を選び満塁とします。続く山田選手の併殺打の間に、三走・畠山選手が生還し1点を返しますが、反撃もここまで。1対4で敗戦を喫しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA 井納 翔一(5勝3敗1S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 原 樹理(4勝7敗0S)
本塁打 DeNA 宮﨑 敏郎 24号 2ラン(8回)ロペス 19号 ソロ(8回)
ヤクルト
バッテリー
  DeNA 井納 翔一、パットン、山﨑 康晃 - 嶺井 博希
ヤクルト 原 樹理、梅野 雄吾 - 井野 卓、中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります