• 阪神
  • 0 - 1 試合終了
  • ヤクルト

2018年8月28日(火) vs 阪神

セ・リーグ 公式戦 18:00 甲子園

 
ヤクルトヤクルト
阪神阪神
1
1
0
2
0
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
R
1
0
H
5
6
E
0
2
  • 第17回戦 7勝10敗0分
  • 観衆数 42,518人
戦評

小川投手、近藤投手、石山投手が完封リレー! 1点を守りきり3連勝!!!

28日(火)、甲子園球場での阪神タイガース戦。初回、先頭の坂口選手が四球を選ぶと、一死後、山田選手がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制します。2回には、廣岡選手が二塁打を放ちチャンスを作りますが、後続が倒れ追加点とはなりません。

その裏、先発・小川投手は二死から大山選手に四球を与えると、俊介選手の安打を浴び、一、三塁のピンチを招きますが、梅野選手をショートゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

3回は先頭の坂口選手の安打と盗塁、バレンティン選手の四球などで二死一、二塁のチャンスを迎えますが、後が続かず無得点に終わります。

小川投手はその裏を三者凡退に切って取ると、4回も三者凡退に抑える投球を見せます。
その後は、走者を許すものの要所を締めるピッチングで無失点に抑え、7回4安打無失点8奪三振の好投で、マウンドを後に託します。

8回、2番手・近藤投手は、代打・伊藤隼選手をセカンドゴロ、糸原選手をファーストゴロ、北條選手を空振り三振と、三者凡退の投球を見せます。

迎えた9回、3番手・石山投手は、福留選手から空振り三振を奪いますが、続く糸井選手に二塁打、代打・原口選手に安打を許し、一死一、三塁のピンチを招きます。それでも続く大山選手をショートフライ、俊介選手をファーストフライに打ち取り試合終了。完封リレーで1点を守りきり3連勝です。

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 小川 泰弘(6勝5敗0S)
セーブ投手 ヤクルト 石山 泰稚(3勝2敗23S)
敗戦投手 阪神 岩貞 祐太(5勝7敗0S)
本塁打 阪神
ヤクルト
バッテリー
  阪神 岩貞 祐太、桑原 謙太朗、望月 惇志 - 梅野 隆太郎
ヤクルト 小川 泰弘、近藤 一樹、石山 泰稚 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります