• 中日
  • 5 - 4 試合終了
  • ヤクルト

2018年7月8日(日) vs 中日

セ・リーグ 公式戦 14:00 ナゴヤドーム

 
ヤクルトヤクルト
中日中日
1
0
0
2
0
1
3
0
0
4
1
0
5
0
0
6
2
3
7
0
1
8
1
0
9
0
X
R
4
5
H
10
7
E
0
0
  • 第13回戦 4勝8敗1分
  • 観衆数 36,601人
戦評

バレンティン選手の19号2ランで一時逆転もリード守りきれず…

8日(日)、ナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦。スワローズ先発の石川投手は初回を三者凡退に抑える順調な立ち上がりを見せます。しかし続く2回、先頭のビシエド選手に11号ソロを打たれ、先制を許してしまいます。

反撃したい打線は4回、一死から山田選手が二塁打を放つと、バレンティン選手がセンターへタイムリーを打ち、1対1の同点に追いつきます。さらに6回、二死一塁の場面でバレンティン選手がライトスタンドへ19号2ランを運び、逆転に成功します。

しかしその裏、一死から大島選手、京田選手に連打を浴びて、一、三塁に走者を背負うと、平田選手にタイムリーを浴びて、1点差に詰め寄られてしまいます。ここで石川投手はマウンドを降り、2番手・原樹理へスイッチ。原樹理投手はビシエド選手を凡打に打ち取りますが、続くアルモンテ選手にレフトへ2点タイムリー二塁打を浴び、逆転を許してしまいます。

7回は3番手・星投手が登板。先頭の福田選手に四球を与えると、二死後、大島選手にセンターへのタイムリー二塁打を浴びて、追加点を献上してしまいます。

8回、代打・山崎選手が安打を放ち出塁すると、続く西浦選手がセンターへタイムリー二塁打を放ち、1点差に詰め寄ります。その裏、4番手の風張投手はしっかりと三者凡退に抑えて、味方の反撃を待ちます。

1点ビハインドで迎えた9回、一死から畠山選手が内野安打を放ち出塁しますが、後続が倒れて試合終了。接戦を制することはできませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 中日 吉見 一起(3勝2敗0S)
セーブ投手 中日 鈴木 博志(4勝3敗2S)
敗戦投手 ヤクルト 石川 雅規(4勝3敗0S)
本塁打 中日 ビシエド 11号 ソロ(2回)
ヤクルト バレンティン 19号 2ラン(6回)
バッテリー
  中日 吉見 一起、又吉 克樹、鈴木 博志 - 大野 奨太、松井 雅人
ヤクルト 石川 雅規、原 樹理、星 知弥、風張 蓮 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります