• ヤクルト
  • 7 - 15 試合終了
  • 阪神

2018年6月30日(土) vs 阪神

セ・リーグ 公式戦 17:00 神宮

 
阪神阪神
ヤクルトヤクルト
1
6
1
2
3
0
3
0
0
4
0
0
5
4
0
6
0
0
7
0
2
8
0
0
9
2
4
R
15
7
H
15
8
E
1
3
  • 第8回戦 3勝5敗0分
  • 観衆数 31,128人
戦評

序盤の大量失点が響き敗戦。山田選手は通算150号本塁打、畠山選手が9回に満塁ホームラン

30日(土)、神宮球場での阪神タイガース戦。スワローズ先発のハフ投手は初回、先頭の糸原選手の安打と熊谷選手の犠打に味方のエラーが絡み無死一、三塁に走者を背負うと、福留選手に先制タイムリーを許します。なおも一、三塁の場面で糸井選手にタイムリー二塁打を浴びると、一死後に四球を与え、満塁のピンチを招きます。ここで北條選手に走者一掃となる3点タイムリー三塁打を浴びると、続く梅野選手にライトへ犠牲フライを打たれ、初回に6点を失ってしまいます。

その裏、先頭の西浦選手がセンターへ二塁打を放つと、青木選手が死球を受けて無死一、二塁とします。頭部に死球を受けた青木選手はここで雄平選手と交代し、タイガース先発の岩貞投手は危険球で退場となります。続く山田選手はタイガース2番手の才木投手から四球を選び無死満塁のチャンスを作ると、バレンティン選手のサードゴロの間に三走・西浦選手が生還し、1点を返します。

2回、ハフ投手は熊谷選手、福留選手、北條選手にタイムリーを浴び、この回3失点。序盤に9点を失う苦しい展開となります。

反撃したい打線は4回、畠山選手の安打と2つの四球で二死満塁のチャンスを作りますが、後続が倒れて得点を奪うことはできません。

5回、2番手の山中投手は糸原選手、熊谷選手の安打などで一死満塁とされると、福留選手に2点タイムリー二塁打を浴び、1対11に。続く糸井選手のセカンドゴロの間に1点を失うと、さらに陽川選手にセンターへタイムリーを浴び、1対13と突き放されてしまいます。

7回は3番手・中澤投手が三者凡退に抑えると、その裏に一死一塁から山田選手が通算150号本塁打となる17号2ランをセンターバックスクリーンに運びます。

続く8回は4番手・風張投手が走者を出しながらも無失点に抑えますが、9回に味方のエラーなどもあり2点を失ってしまいます。

その裏、打線は山田選手の安打、代打・田代選手の四球などで一死満塁のチャンスを作ると、畠山選手がセンターバックスクリーンに飛び込む4号満塁ホームランを放ち、7対15と追い上げを見せます。しかし反撃もここまでとなり、試合は終了。序盤の大量失点が響き、敗戦しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 阪神 才木 浩人(2勝2敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト ハフ(1勝6敗0S)
本塁打 ヤクルト 山田 哲人 17号 2ラン(7回)畠山 和洋 4号 満塁(9回)
阪神
バッテリー
  ヤクルト ハフ、山中 浩史、中澤 雅人、風張 蓮 - 中村 悠平、井野 卓
阪神 岩貞 祐太、才木 浩人、マテオ、髙橋 聡文、伊藤 和雄 - 梅野 隆太郎

後日、公式記録に修正される場合があります