• ヤクルト
  • 5 - 14 試合終了
  • DeNA

2018年5月25日(金) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
2
3
2
2
0
3
0
1
4
0
0
5
2
1
6
3
0
7
0
0
8
4
0
9
1
0
R
14
5
H
19
10
E
1
0
  • 第9回戦 5勝4敗0分
  • 観衆数 27,491人
戦評

青木選手の2号2ラン、畠山選手の2号ソロが飛び出すも、失点重ね敗戦…

25日(金)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦。スワローズ先発・ブキャナン投手は初回、ソト選手の安打、筒香選手の二塁打などで二死二、三塁のピンチを招くと、宮崎選手に2点タイムリーを浴び先制を許します。

その裏、先頭の山田選手が安打で出塁すると、続く青木選手がレフトスタンドへ2号2ランを運び、すぐさま同点とします。二死後、畠山選手の2号ソロが飛び出し、3対2と逆転に成功します。

ところが直後の2回、田中浩選手の四球などで一死二、三塁のピンチを招くと、大和選手の犠牲フライで同点とされます。さらに梶谷選手にレフトへタイムリーを浴び、逆転を許します。

追いつきたい打線は3回、青木選手の打球が相手のミスを誘い出塁すると、青木選手はすかさず盗塁を決めます。坂口選手の内野安打で一、三塁とチャンスを広げると、続くバレンティン選手のショートゴロの間に三走・青木選手が生還し同点とします。

5回、ブキャナン投手は一死から梶谷選手に二塁打を浴びると、二死後、ロペス選手にタイムリーを浴びます。さらに筒香選手の安打などで満塁とされると、田中浩選手にライトへタイムリーを浴びてしまい、ブキャナン投手はマウンドを後にします。2番手・風張投手は高城選手をファーストゴロに仕留め、追加点を与えません。

その裏、山田選手の四球と盗塁などで二死二塁とすると、バレンティン選手がタイムリーを放ち1点差に迫ります。

ところが、直後の6回、前の回から続投の風張投手は梶谷選手に4号2ラン、ソト選手に4号ソロを浴び、リードを広げられてしまいます。
7回は3番手・秋吉投手が走者を背負いながらも無失点で切り抜けますが、8回にベイスターズ打線につかまりリードを広げられると、9回にも追加点を許してしまいます。
一方の打線も中盤以降つながらず、敗戦を喫しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA 三嶋 一輝(3勝0敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト ブキャナン(4勝3敗0S)
本塁打 ヤクルト 青木 宣親 2号 2ラン(1回)畠山 和洋 2号 ソロ(1回)
DeNA 梶谷 隆幸 4号 2ラン(6回)ソト 4号 ソロ(6回)梶谷 隆幸 5号 ソロ(9回)
バッテリー
  ヤクルト ブキャナン、風張 蓮、秋吉 亮、中澤 雅人、松岡 健一、中尾 輝 - 中村 悠平、井野 卓
DeNA 石田 健大、三嶋 一輝、砂田 毅樹、三上 朋也、武藤 祐太、国吉 佑樹 - 髙城 俊人、山本 祐大

後日、公式記録に修正される場合があります