• 広島
  • 1 - 0 試合終了
  • ヤクルト

2018年5月20日(日) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 13:30 マツダスタジアム

 
ヤクルトヤクルト
広島広島
1
0
0
2
0
1
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
X
R
0
1
H
6
7
E
0
1
  • 第11回戦 3勝8敗0分
  • 観衆数 31,458人
戦評

継投陣が奮闘も、打線つながらず惜敗…

20日(日)、マツダスタジアムでの広島東洋カープ戦。先発の小川投手は初回、田中選手に対す四球と盗塁などで二死一、二塁のピンチを招きますが、後続を打ち取り、無失点に抑えます。しかし続く2回、野間選手、會澤選手に連打を浴びると、一死後、九里選手に犠打を決められ、二、三塁に走者を背負います。ここで田中選手にタイムリーを浴び、先制点を与えてしまいます。

反撃したい打線は4回、先頭の西浦選手がライトへの安打で出塁すると、二死後、坂口選手が安打を放ち一、三塁に走者を進めますが、後続が倒れ同点に追いつくことはできません。

スワローズは5回、2番手・中尾投手が登板。安打と暴投などで一死二、三塁のピンチを招きますが、鈴木選手を空振り三振、新井選手をショートゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。6回も続投した中尾投手は野間選手、會澤選手、安部選手を三者凡退に封じる好リリーフを見せます。

0対1で迎えた7回、3番手・風張投手は田中選手の二塁打と四球で二死一、二塁とされますが、鈴木選手を空振り三振に仕留めます。8回は4番手・近藤投手が安打と暴投などで二死一、三塁のピンチを背負いますが、代打・バティスタ選手をショートゴロに打ち取り、味方の反撃を待ちます。

迎えた9回、打線は一死から2つの四球と大引選手の内野安打で満塁のチャンスを作りますが、後続が倒れて試合終了。打線が繋がらず、0対1で敗戦を喫しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 広島 九里 亜蓮(1勝1敗0S)
セーブ投手 広島 中﨑 翔太(0勝0敗14S)
敗戦投手 ヤクルト 小川 泰弘(0勝2敗0S)
本塁打 広島
ヤクルト
バッテリー
  広島 九里 亜蓮、中﨑 翔太 - 會澤 翼、石原 慶幸
ヤクルト 小川 泰弘、中尾 輝、風張 蓮、近藤 一樹 - 中村 悠平、古賀 優大

後日、公式記録に修正される場合があります