• ヤクルト
  • 1 - 10 試合終了
  • 広島

2018年5月5日(土) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
広島広島
ヤクルトヤクルト
1
1
0
2
4
0
3
0
0
4
1
0
5
1
1
6
0
0
7
0
0
8
3
0
9
0
0
R
10
1
H
12
7
E
0
0
  • 第8回戦 2勝6敗0分
  • 観衆数 30,597人
戦評

山田選手が9号ソロを放つも、大瀬良投手を打ち崩すことができず敗戦…

5日(土・祝)、神宮球場での広島東洋カープ戦。スワローズ先発・梅野投手は初回、田中選手に安打と盗塁を許すなど、二死二塁のピンチを招くと、鈴木選手からレフトへのタイムリーを浴び、先制点を奪われてしまいます。
2回、先頭のエルドレッド選手に左中間スタンドへ5号ソロを運ばれると、四死球などで一死満塁のピンチを招き、菊地選手に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びたところで降板します。一死二塁の場面での登板となった2番手・風張投手は、バティスタ選手、鈴木選手を連続の空振り三振に切って取り追加点を許しません。さらに3回も阿部選手と野間選手を空振り三振に仕留めるなど三者凡退に抑え、味方の反撃を待ちます。

その裏、山田選手のセンターへの安打と盗塁などで一死二塁とします。ここで上田選手がライトへ安打を放ち、山田選手がホームを狙いますが、生還ならず。得点を奪うことができません。

続投の風張投手は4回に會澤選手の2号ソロ、5回から登板の3番手・松岡投手は安部選手にタイムリーを浴び、リードを7点に広げられてしまいます。
それでもその裏、一死から山田選手がレフトスタンドへ9号ソロを放ち1点を返します。

6回、前の回から続投の3番手・松岡投手は田中選手に安打を許すものの、後続を打ち取ります。7回は4番手・中澤投手がカープ打線を三者凡退に仕留めますが、8回に菊池選手に5号2ラン、バティスタ選手に5号ソロを許し、3点を追加されてしまいます。

9回、5番手・中尾投手は走者を許しながらも無失点で切り抜け、味方の反撃を待ちますが、その裏、打撃陣は大瀬良投手を打ち崩すことができず、敗戦を喫しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 広島 大瀬良 大地(4勝2敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 梅野 雄吾(0勝1敗0S)
本塁打 ヤクルト 山田 哲人 9号 ソロ(5回)
広島 エルドレッド 5号 ソロ(2回)會澤 翼 2号 ソロ(4回)菊池 涼介 5号 2ラン(8回)バティスタ 5号 ソロ(8回)
バッテリー
  ヤクルト 梅野 雄吾、風張 蓮、松岡 健一、中澤 雅人、中尾 輝 - 中村 悠平、古賀 優大
広島 大瀬良 大地 - 會澤 翼

後日、公式記録に修正される場合があります