• 巨人
  • 3 - 0 試合終了
  • ヤクルト

2018年4月28日(土) vs 巨人

セ・リーグ 公式戦 14:00 東京ドーム

 
ヤクルトヤクルト
巨人巨人
1
0
2
2
0
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
1
9
0
X
R
0
3
H
2
8
E
1
0
  • 第4回戦 3勝1敗0分
  • 観衆数 43,722人
戦評

ブキャナン投手が7回2失点の好投も、打線が沈黙し敗戦…

28日(土)、東京ドームでの読売ジャイアンツ戦。スワローズ先発のブキャナン投手は初回、一死から吉川尚選手に安打を浴びると、続くゲレーロ選手にレフトへタイムリー二塁打を打たれ、1点を失います。なおも一死二塁からマギー選手にタイムリー二塁打を浴び、初回に2点を奪われてしまいます。

ブキャナン投手は3回、二死から四球と安打で得点圏に走者を背負いますが、続く亀井選手をセカンドゴロに打ち取り、追加点を与えません。

反撃したい打線ですが、ジャイアンツ先発の菅野投手を前に6回までわずか1本の安打に抑えられてしまいます。

0対2のまま迎えた7回、ブキャナン投手は小林選手の安打と四球などで二死満塁のピンチを招きますが後続を打ち取り、打線の奮起を待ちます。

8回は2番手・カラシティー投手が登板。一死から安打とけん制悪送球などで一、三塁に走者を背負うと、代打・阿部選手の内野ゴロの間に三走・吉川大選手に生還を許し、0対3とリードを広げられてしまいます。

一矢報いたい打線ですが、9回は三者凡退に抑えられ試合終了。最後まで打線が沈黙し、0対3で敗れました。

責任投手/本塁打
勝利投手 巨人 菅野 智之(3勝2敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト ブキャナン(2勝1敗0S)
本塁打 巨人
ヤクルト
バッテリー
  巨人 菅野 智之 - 小林 誠司
ヤクルト ブキャナン、カラシティー - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります