• DeNA
  • 3 - 5 試合終了
  • ヤクルト

2018年3月31日(土) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 14:00 横浜

 
ヤクルトヤクルト
DeNADeNA
1
0
0
2
0
1
3
2
0
4
2
0
5
0
0
6
0
0
7
1
2
8
0
0
9
0
0
R
5
3
H
8
7
E
1
0
  • 第2回戦 2勝0敗0分
  • 観衆数 28,915人
戦評

青木選手が2試合連続のタイムリー!先発・石川投手の力投で開幕2連勝を飾る!

31日(土)、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦。スワローズ先発の石川投手は初回、二死から筒香選手に四球を与え、走者を背負いますが、続くロペス選手をセカンドフライに打ち取り無失点に抑えます。しかし2回、一死から嶺井選手にライトスタンドへ1号ソロを浴び、先制を許してしまいます。

一方の打線は3回、先頭の山田哲選手が四球を選ぶと、すかさず盗塁を決めて二塁へ。続く山崎選手もバントヒットのあとに盗塁を決めて、無死二、三塁へチャンスを広げます。ここでバレンティン選手のショートゴロの間に三走・山田哲選手が生還し、同点に追いつきます。
なおも、死球と坂口選手の安打などで二死満塁とすると、廣岡選手が押し出し四球を選び、逆転に成功します。

勢いに乗る打線は4回、二死から山崎選手が四球を選ぶと、バレンティン選手が安打を放ち、一、二塁と得点圏に走者を進めます。ここで青木選手がライトへ2点タイムリー二塁打を放ち、4対1とリードを広げます。

先発の石川投手は3回から6回まで4イニング連続の三者凡退に抑える好投を見せます。すると7回、川端選手の二塁打、坂口選手の進塁打で一死三塁のチャンスを迎えると、廣岡選手がタイムリー二塁打を放ち、追加点を奪います。

その裏、石川投手は二死から嶺井選手に二塁打を浴びると、神里選手にレフトへタイムリーを浴び、1点を返されます。なおも安打とけん制悪送球でピンチを広げると、倉本選手にライトへタイムリーを許し、2点差に迫られてしまいます。ここで2番手の近藤投手へスイッチ。その近藤投手は二死一、三塁と得点圏に走者を背負う厳しい状況での登板となりますが、桑原選手をサードフライに打ち取り、これ以上の得点を与えません。

8回、3番手・石山投手は一死から筒香選手に安打を浴びますが、ロペス選手をショートフライ、宮崎選手をピッチャーゴロに仕留める好リリーフを見せ、相手に流れを渡しません。

2点リードで迎えた9回、4番手・カラシティー投手は四球と暴投などで無死一、二塁のピンチを迎えますが、後続を打ち取り、試合終了。5対3で勝利し、開幕2連勝を飾りました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 石川 雅規(1勝0敗0S)
セーブ投手 ヤクルト カラシティー(0勝0敗1S)
敗戦投手 DeNA バリオス(0勝1敗0S)
本塁打 DeNA 嶺井 博希 1号 ソロ(2回)
ヤクルト
バッテリー
  DeNA バリオス、エスコバー、三上 朋也、砂田 毅樹 - 嶺井 博希
ヤクルト 石川 雅規、近藤 一樹、石山 泰稚、カラシティー - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります