• ヤクルト
  • 7 - 6 試合終了
  • ソフトバンク

2018年3月18日(日) vs ソフトバンク

オープン戦 13:00 神宮

 
ソフトバンクソフトバンク
ヤクルトヤクルト
1
0
3
2
1
0
3
0
0
4
2
0
5
0
0
6
1
0
7
2
4
8
0
0
9
0
x
R
6
7
H
8
11
E
0
0
出場中選手
出場成績
戦評

山田選手の2ランで先制!逆転許すも、終盤に再逆転し勝利!

18日(日)、神宮球場での福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦。スワローズ先発の山中投手は初回、三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せます。

その裏、坂口選手の安打と山崎選手の犠打で一死二塁とすると、山田選手がバックスクリーン直撃の3号2ランを放ち、先制に成功します。バレンティン選手も4号ソロで続き、3点をリードします。

ところが直後の2回、山中投手は一死からデスパイネ選手に1号ソロを許してしまします。
3回は三者凡退に抑えますが、4回にデスパイネ選手に2打席連続となる2号2ランを許し、同点とされてしまいます。

5回、2番手・中尾投手は三者凡退に抑えます。6回、3番手・秋吉投手は二死からデスパイネ選手にレフトスタンドへの3号ソロを浴び、勝ち越しを許してしまいます。

その裏、バレンティン選手の四球、藤井選手の内野安打などで一死一、三塁のチャンスを作りますが、後続が倒れ、得点を奪うことができません。

すると7回、4番手・田川投手は松田選手にバックスクリーンに飛び込む2号ソロを浴びると、福田選手にも2号ソロを浴び、リードを広げられてしまいます。

その裏、先頭の村上選手がレフトへの安打を放つと、宮本選手の内野安打、山崎選手のセーフティバントで無死満塁とチャンスを広げます。ここで山田選手がレフトへ2点タイムリーを放ち、1点差に詰め寄ります。さらに荒木選手の犠打で一死二、三塁とすると、鵜久森選手がレフトへの2点タイムリーを放ち、逆転に成功します!

8回、5番手・石山投手が2奪三振含む三者凡退で抑える好リリーフを見せると、9回、6番手・カラシティー投手も2奪三振含む三者凡退に切って取り試合終了。終盤に再逆転し、連勝です。

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 田川 賢吾(1勝0敗1S)
セーブ投手 ヤクルト カラシティー(0勝0敗1S)
敗戦投手 ソフトバンク 加治屋 蓮(0勝2敗0S)
本塁打 ヤクルト 山田 哲人 3号 2ラン(1回)バレンティン 4号 ソロ(1回)
ソフトバンク デスパイネ 1号 ソロ(2回)デスパイネ 2号 2ラン(4回)デスパイネ 3号 ソロ(6回)松田 宣浩 2号 ソロ(7回)福田 秀平 2号 ソロ(7回)
バッテリー
  ヤクルト 山中 浩史、中尾 輝、秋吉 亮、田川 賢吾、石山 泰稚、カラシティー -
ソフトバンク 武田 翔太、飯田 優也、加治屋 蓮、モイネロ -

後日、公式記録に修正される場合があります