• 広島
  • 4 - 5 試合終了
  • ヤクルト

2017年9月16日(土) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 14:00 マツダスタジアム

 
ヤクルトヤクルト
広島広島
1
0
0
2
0
0
3
0
2
4
1
2
5
1
0
6
0
0
7
2
0
8
1
0
9
0
0
R
5
4
H
9
11
E
2
0
  • 第24回戦 7勝16敗1分
  • 観衆数 32,336人
戦評

序盤リードされるも、終盤に打線が繋がり逆転勝利!

16日(土)、マツダスタジアムでの広島東洋カープ戦。スワローズ先発・小川投手は初回、二死から丸選手に内野安打を許しますが、続く松山選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けると、続く2回を三者凡退に抑えます。

しかし3回、先頭の會澤選手にセンターへの安打を許すと、薮田投手の犠打で得点圏に走者を背負います。さらに、田中選手への四球と菊池選手の内野安打で一死満塁のピンチを招くと、丸選手にライトへの2点タイムリーを浴び先制を許してしまいます。

打線は直後の4回、一死からバレンティン選手が四球を選び出塁すると、相手の暴投の間に二塁まで進みチャンスを広げます。ここで山田選手がレフトへのタイムリー二塁打を放ち1点を返します。

しかしその裏、小川投手が先頭の新井選手に9号ソロをライトスタンドへ運ばれ再び2点差とされてしまいます。さらに一死からバティスタ選手のレフトへの安打に守備のミスが絡み二塁へ進まれると、會澤選手にライトへのタイムリーを浴び追加点を許してしまいます。

追いつきたい打線は5回、先頭の中村選手がレフトスタンドへ3号ソロを放ち2点差に詰め寄ります。
さらに7回、一死から西浦選手がライトへの安打で出塁し、二死後、山崎選手がセンターへの二塁打を放ち二、三塁のチャンスを作ると、代打・大松選手がライトへ2点タイムリーを放ち、4対4の同点に追いつきます。

勢いに乗った打線は8回、一死からリベロ選手がセンターへの安打で出塁すると、中村選手、西浦選手が連続で四球を選び満塁のチャンスを作ります。ここで奥村選手がセンターへの犠牲フライを放ち5対4と勝ち越し点を奪うことに成功します。

その裏、スワローズは4番手・秋吉投手が三者凡退に抑え1点のリードを守ります。

迎えた9回、5番手・ルーキ投手が一死から連打で一、三塁のピンチを招きますが、後続を連続三振に仕留め試合終了。終盤に打線が繋がり、逆転勝利を飾りました。

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 近藤 一樹(2勝3敗1S)
セーブ投手 ヤクルト ルーキ(4勝5敗6S)
敗戦投手 広島 今村 猛(2勝5敗23S)
本塁打 広島 新井 貴浩 9号 ソロ(4回)
ヤクルト 中村 悠平 3号 ソロ(5回)
バッテリー
  広島 薮田 和樹、一岡 竜司、今村 猛、中田 廉、中﨑 翔太 - 會澤 翼
ヤクルト 小川 泰弘、石山 泰稚、近藤 一樹、秋吉 亮、ルーキ - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります