• ヤクルト
  • 2 - 1 試合終了
  • 中日

2017年9月13日(水) vs 中日

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
中日中日
ヤクルトヤクルト
1
0
1
2
0
0
3
0
1
4
0
0
5
1
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
X
R
1
2
H
9
7
E
1
0
  • 第21回戦 9勝12敗0分
  • 観衆数 25,818人
戦評

原樹理投手が7回8安打1失点の粘投&マルチ安打の活躍で3か月ぶりとなる今季3勝目!

13日(水)、神宮球場での中日ドラゴンズ戦。初回、スワローズ先発・原樹理投手は一死から遠藤選手にセンターへの安打を許すと、続く松井佑選手の進塁打で得点圏に走者を背負いますが、後続を抑え無失点で切り抜けます。

打線はその裏、先頭の坂口選手が四球で出塁すると、山崎選手の進塁打で得点圏に走者を進めます。二死後、山田選手がレフトへのタイムリーを放ち先制点を奪うことに成功します。

さらに3回、先頭の原樹理投手がライトへの安打を放つと、一死後、山崎選手のセンターへの安打とバレンティン選手の四球で満塁のチャンスを作ります。ここで、山田選手がタイムリー内野安打を放ち追加点を奪います。

しかし5回、原樹理投手は一死から京田選手にライトへの三塁打を許すと、続く遠藤選手の内野ゴロの間に京田選手が生還し1点を返されてしまいます。さらにその後、松井佑選手に死球を与えると、ゲレーロ選手にレフトへの安打を浴び二死一、三塁のピンチを招きますが、続く福田選手を三振に打ち取り、この回を最少失点で切り抜けます。

続く6回、阿部選手にレフトへの安打を許しますが、高橋選手の打球を山田選手が好守で併殺に打ち取り、結果この回を3人で切り抜けると、7回にはまたも山田選手の好守が飛び出すなど、三者凡退に抑え1点のリードを守り抜きます。

8回、2番手でマウンドに上がった秋吉投手は、先頭の藤井選手を三振に打ち取り、続くゲレーロ選手に安打を許しますが、福田選手、阿部選手を連続で三振に打ち取り、この回を3奪三振で無失点に抑えます。

迎えた9回、3番手・ルーキ投手が打者3人できっちり抑え2対1で試合終了。1点差を守り抜き連敗ストップです。

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 原 樹理(3勝9敗0S)
セーブ投手 ヤクルト ルーキ(4勝5敗5S)
敗戦投手 中日 大野 雄大(6勝8敗0S)
本塁打 ヤクルト
中日
バッテリー
  ヤクルト 原 樹理、秋吉 亮、ルーキ - 中村 悠平
中日 大野 雄大 - 武山 真吾

後日、公式記録に修正される場合があります