• DeNA
  • 1 - 0 試合終了
  • ヤクルト

2017年7月18日(火) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 横浜

 
ヤクルトヤクルト
DeNADeNA
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
0
1
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
X
R
0
1
H
3
4
E
0
0
  • 第14回戦 5勝9敗0分
  • 観衆数 25,223人
戦評

先発・星投手が5回1失点と試合を作るも、打線の援護なく完封負け

18日(火)、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦。スワローズは初回、上田選手が一死からセンターへの安打を放つと、すかさず二塁へ盗塁を決めます。続く坂口選手の四球で一死一、二塁とチャンスを作りますが後続が倒れ先制点を奪うことができません。

先発・星投手はその裏、ベイスターズ打線を三者凡退に抑えます。続く2回、宮崎選手のライトへの安打、戸柱選手のレフトへの安打、梶谷選手の四球などで一死満塁のピンチを招きますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。

しかし4回、宮崎選手のレフトへの安打などで二死一塁とされると、梶谷選手にライトフェンス直撃のタイムリー三塁打を浴び先制を許してしまいます。

なんとか追いつきたい打線ですが、ベイスターズ先発・ウィーランド投手の前に3回以降出塁することができず無得点に抑えられてしまいます。

6回、7回は2番手・ギルメット投手が2イニング連続で三者凡退に抑え味方の反撃を待ちます。

すると8回、藤井選手のレフトへの安打、中村選手の進塁打で一死二塁とチャンスを作ります。しかし、あと一本が出ず追いつくことができません。

その裏を3番手・中澤投手、4番手・石山投手の継投で三者凡退に抑え逆転に望みを繋げます。

迎えた9回、山田選手、坂口選手の四球などで二死一、三塁とチャンスを作りますが後続が倒れ0対1で試合終了。完封負けを喫しました。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA ウィーランド(4勝2敗0S)
セーブ投手 DeNA 山﨑 康晃(1勝1敗14S)
敗戦投手 ヤクルト 星 知弥(3勝5敗0S)
本塁打 DeNA
ヤクルト
バッテリー
  DeNA ウィーランド、山﨑 康晃 - 戸柱 恭孝
ヤクルト 星 知弥、ギルメット、中澤 雅人、石山 泰稚 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります