• ヤクルト
  • 5 - 1 試合終了
  • 中日

2017年5月14日(日) vs 中日

セ・リーグ 公式戦 13:00 松山

 
中日中日
ヤクルトヤクルト
1
1
0
2
0
1
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
4X
R
1
5
H
10
8
E
0
0
  • 第7回戦 3勝4敗0分
  • 観衆数 14,536人
戦評

荒木選手の2号満塁ホームランでサヨナラ勝利!先発・星投手は6回1失点の粘投

14日(日)、松山・坊っちゃんスタジアムでの中日ドラゴンズ戦、スワローズ先発の星投手は初回、先頭の京田選手にレフト線への二塁で出塁を許すと、亀澤選手の犠打で一死三塁とされ、大島選手のレフトへの犠牲フライで先制を許してしまいます。それでも2回は得点圏に走者を背負いながらも無失点に抑えます。

一方の打線はその裏、先頭の雄平選手がセンターへの安打で出塁。バレンティン選手と中村選手の安打などで一死満塁とすると、西浦選手の内野ゴロの間に雄平選手が還り同点に追いつきます。

3回以降、星投手は毎回安打を放たれながらも、要所を締めるピッチングで6回までドラゴンズ打線に勝ち越しを許しません。しかし一方の打線もドラゴンズ先発・吉見投手の前に追加点を奪うことができず、1対1のまま試合は終盤へ。

同点で迎えた9回、この回から登板の4番手・秋吉投手は京田選手のセンターへの安打や大島選手への四球などで二死一、三塁のピンチを招きますが、平田選手をサードファールフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

するとその裏、バレンティン選手、中村選手、西浦選手への四球などで二死満塁のチャンスを作ると、途中出場の荒木選手が、この回から登板のドラゴンズ2番手・大野投手のストレートを捉え、レフトスタンドへ2号満塁ホームラン!劇的なサヨナラ勝利で昨日の雪辱を果たしました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 秋吉 亮(4勝2敗5S)
セーブ投手
敗戦投手 中日 大野 雄大(0勝4敗0S)
本塁打 ヤクルト 荒木 貴裕 2号 満塁(9回)
中日
バッテリー
  ヤクルト 星 知弥、ルーキ、石山 泰稚、秋吉 亮 - 中村 悠平
中日 吉見 一起、大野 雄大 - 木下 拓哉

後日、公式記録に修正される場合があります