• ヤクルト
  • 1 - 0 試合終了
  • 広島

2017年4月22日(土) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
広島広島
ヤクルトヤクルト
1
0
0
2
0
0
3
0
0
4
0
0
5
0
0
6
0
1
7
0
0X
8
9
R
0
1
H
2
6
E
0
0
  • 第5回戦 2勝3敗0分
  • 観衆数 29,994人
戦評

先発・小川投手が7回2安打無失点、5奪三振の好投で完封勝利!試合は降雨コールド

22日(土)、神宮球場での広島東洋カープ戦、スワローズ先発の小川投手は初回、先頭の田中選手への四球や菊池選手の犠打などで二死三塁のピンチを招くと、さらに鈴木選手にも四球で出塁を許し、盗塁を決められ二、三塁。それでも続く松山選手をピッチャーゴロに打ち取り無失点で切り抜けると、2回、3回は続けて三者凡退に抑える順調な立ち上がりを見せます。

一方の打線は1回、2回と続けて走者を出しますが、カープ先発の岡田投手から得点を奪えず、3回は三者凡退に抑えられてしまいます。

直後の4回、小川投手は先頭の丸選手にライトへの二塁打で出塁を許すと、二死後、エルドレッド選手に四球を与え一、二塁と得点圏に走者を背負いますが、続く安部選手をセンターフライに打ち取り先制を許しません。

両先発が踏ん張り0対0のまま迎えた6回裏、先頭の荒木選手がレフトへの安打で出塁。山田選手も四球で続き一、二塁とすると、バレンティン選手がレフト線へのタイムリー二塁打!待望の先制点が入ります!

小川投手は直後の7回、一死から安部選手のライトへの安打と石原選手の犠打で二死二塁とされますが、代打・新井選手を内野ゴロに打ち取り無失点に抑えます。

その裏、二死から坂口選手が死球を受け出塁。荒木選手が四球を選び一、二塁としたところで雨天のため試合が中断。再開することなく降雨コールドとなり1対0で勝利しました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 小川 泰弘(2勝2敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 広島 岡田 明丈(2勝1敗0S)
本塁打 ヤクルト
広島
バッテリー
  ヤクルト 小川 泰弘 - 中村 悠平
広島 岡田 明丈、薮田 和樹 - 石原 慶幸

後日、公式記録に修正される場合があります