• ヤクルト
  • 8 - 4 試合終了
  • DeNA

2017年4月2日(日) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 13:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
1
2
2
0
0
3
2
2
4
0
0
5
1
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
10
0
4X
R
4
8
H
6
11
E
2
0
  • 第3回戦 2勝1敗0分
  • 観衆数 30,254人
戦評

鵜久森選手が史上16人目となる代打サヨナラ満塁弾!! 劇的勝利で開幕カード勝ち越し!

2日(日)、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦、スワローズ先発のオーレンドルフ投手は初回、先頭の桑原選手のレフトへの安打と盗塁などで一死二塁とされると、ロペス選手にレフトへのタイムリー二塁打を浴び、先制を許してしまいます。

打線はその裏、大引選手のライトへの安打、さらに坂口選手の打球に相手のミスが絡み無死一、二塁とすると、一死後、バレンティン選手がセンターへのタイムリーを放ちすぐさま同点に追いつきます。なおも一死一、三塁とチャンスは続き、雄平選手のショートゴロの間に三走・坂口選手が生還。2対1と勝ち越します!

援護をもらったオーレンドルフ投手は、2回を三者凡退に抑えますが、3回に2つの四球などで二死満塁のピンチを招くと、味方の捕逸と自身の暴投で2点を失い、逆転を許してしまいます。

それでもその裏、先頭の大引選手が四球を選び出塁すると、一死後、山田選手がバックスクリーンに飛び込む1号2ラン!4対3と再び逆転に成功します!

ところが5回、梶谷選手のライトへの安打と盗塁で一死二塁とされると、ロペス選手のレフトへのタイムリー二塁打で同点とされてしまいます。それでも続く6回は三者凡退に抑え、オーレンドルフ投手はマウンドを後に託します。

7回は2番手・ルーキ投手が二死満塁のピンチを招くも無失点で切り抜けると、8回は3番手・石山投手が三者凡退に。続く9回のマウンドにも上がった石山投手は、ロペス選手のレフトへの安打などで二死満塁とされてしまいますが、続く代打・白崎選手を三振に切って取り、ベイスターズに得点を与えません。

迎えたその裏、一死から代打・大松選手が移籍後初安打で出塁すると、続く大引選手の内野安打に相手のミスが絡み二、三塁。さらに坂口選手が敬遠され一死満塁のサヨナラのチャンス。しかしあと1本が出ず、緊迫した試合は延長戦へともつれ込みます。

そして10回、4番手・秋吉投手が三者凡退に抑えると、継投陣の好投に応えたい打線はその裏、一死から畠山選手のレフトへの安打、中村選手への死球、西浦選手の四球で再び満塁に。ここで打席に立った代打・鵜久森選手が、レフトスタンドへのサヨナラ1号満塁ホームラン!!延長戦にもつれ込んだ熱戦を劇的な満塁弾で制し、開幕カード勝ち越しです!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 秋吉 亮(1勝0敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 DeNA 田中 健二朗(0勝1敗0S)
本塁打 ヤクルト 山田 哲人 1号 2ラン(3回)鵜久森 淳志 1号 満塁(10回)
DeNA
バッテリー
  ヤクルト オーレンドルフ、ルーキ、石山 泰稚、秋吉 亮 - 中村 悠平
DeNA 濵口 遥大、砂田 毅樹、パットン、三上 朋也、田中 健二朗、須田 幸太 - 戸柱 恭孝

後日、公式記録に修正される場合があります