• 広島
  • 5 - 0 試合終了
  • ヤクルト

2016年9月24日(土) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 14:00 マツダスタジアム

 
ヤクルトヤクルト
広島広島
1
0
1
2
0
0
3
0
3
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
1
9
0
X
R
0
5
H
4
9
E
1
2
  • 第24回戦 8勝16敗0分
  • 観衆数 31,679人
戦評

2番手・石山投手が3回無失点の好リリーフも、打線つながらず零封負け

24日(土)、マツダスタジアムでの広島東洋カープ戦、スワローズ先発の小川投手は初回、二死から丸選手にレフトへの安打で出塁を許すと、続く新井選手のライトへのタイムリー二塁打で先制を許してしまいます。さらに3回には新井選手のレフトスタンドへの19号2ラン、鈴木選手のレフトスタンドへの29号ソロと連続アーチを浴び、0対4と序盤から4点を追いかける展開に。

一方の打線は4回、一死から鵜久森選手が内野安打で出塁。西浦選手が相手の失策で続き一、二塁とチャンスを作りますが、後続が倒れ無得点に終わります。

その裏、2番手・石山投手が登板し三者凡退に抑えると、5回、6回と走者を出しますが、無失点に抑え追加点を許しません!

0対4のまま迎えた8回、一死から川端選手がセンターへの二塁打で出塁しますが、あとが続かず得点を奪うことができません。

するとその裏、この回から登板の4番手・松岡投手が味方の失策や四球などで二死一、二塁とされたところで3番手・久古投手にスイッチ。ところが久古投手は代打・小窪選手にライトへのタイムリー二塁打を許し0対5とリードを広げられてしまいました。

反撃したい打線でしたが、9回はカープの4番手・今村投手の前に走者を出すことができず試合終了。0対5で敗戦となりました。

責任投手/本塁打
勝利投手 広島 野村 祐輔(16勝3敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 小川 泰弘(8勝8敗0S)
本塁打 広島 新井 貴浩 19号 2ラン(3回)鈴木 誠也 29号 ソロ(3回)
ヤクルト
バッテリー
  広島 野村 祐輔、大瀬良 大地、ジャクソン、今村 猛 - 石原 慶幸
ヤクルト 小川 泰弘、石山 泰稚、村中 恭兵、松岡 健一、久古 健太郎 - 西田 明央

後日、公式記録に修正される場合があります