• 巨人
  • 0 - 4 試合終了
  • ヤクルト

2016年8月31日(水) vs 巨人

セ・リーグ 公式戦 18:00 富山

 
ヤクルトヤクルト
巨人巨人
1
1
0
2
0
0
3
0
0
4
1
0
5
0
0
6
0
0
7
2
0
8
0
0
9
0
0
R
4
0
H
11
5
E
0
2
  • 第22回戦 10勝12敗0分
  • 観衆数 20,826人
戦評

小川投手が5安打完封!自身初の3試合連続完投勝利で今季8勝目!

31日(水)、富山市民球場アルペンスタジアムでの読売ジャイアンツ戦、スワローズは初回、先頭の坂口選手がレフトへの安打で出塁。続く荒木選手の犠打、山田選手のセンターへの安打で一死一、三塁のチャンスを作ると、バレンティン選手がライトへのタイムリーを放ち幸先よく1点を先制します。

一方、スワローズ先発の小川投手は、走者を出しながらも3回までジャイアンツ打線を無失点に抑える上々の立ち上がりを見せます。

1対0で迎えた4回、一死から西浦選手がセンターへの安打を放つと、二死後、西田選手が相手の失策で出塁し一、三塁のチャンスを作ります。続く小川投手の打席時に西田選手が飛び出し挟まれている間に三走の西浦選手がホームスチール成功!2対0とリードを広げました。

小川投手はその裏をわずか7球で三者凡退に打ち取ると、5回以降もジャイアンツに得点を許しません。

追加点が欲しい打線は7回、先頭の小川投手がレフトへの安打で出塁すると、荒木選手のセンターへの安打や山田選手の四球などで二死満塁のチャンス!ここで上田選手がライトへの2点タイムリー二塁打を放ち4対0とジャイアンツを突き放します!

援護をもらった小川投手は、7回以降も疲れを見せることなくジャイアンツ打線をわずか1安打に抑え5安打完封勝利!チームは小川投手の自身初の3試合連続完投勝利で昨夜の雪辱を果たしました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 小川 泰弘(8勝5敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 巨人 田口 麗斗(9勝7敗0S)
本塁打 巨人
ヤクルト
バッテリー
  巨人 田口 麗斗、山口 鉄也、西村 健太朗、高木 勇人 - 小林 誠司
ヤクルト 小川 泰弘 - 西田 明央

後日、公式記録に修正される場合があります