• DeNA
  • 4 - 0 試合終了
  • ヤクルト

2016年7月5日(火) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 横浜

 
ヤクルトヤクルト
DeNADeNA
1
0
0
2
0
1
3
0
0
4
0
0
5
0
1
6
0
0
7
0
0
8
0
2
9
0
X
R
0
4
H
3
7
E
0
0
  • 第12回戦 5勝7敗0分
  • 観衆数 21,894人
戦評

先発・山中投手が6回1/3を2失点の粘投も、打線の援護なく連勝ストップ

5日、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦、スワローズ先発の山中投手は2回、筒香選手のライトへの安打や梶谷選手への死球などで二死一、二塁のピンチを招くと、高城選手にセンターへのタイムリーを浴び先制を許してしまいます。それでも後続を断ち最少失点で切り抜けると、3回、4回は続けて三者凡退に抑えます。ところが両チーム無得点のまま迎えた5回、先頭の倉本選手に右中間スタンドへの1号ソロを許し0対2と2点を追う展開に。

一方の打線はベイスターズ先発の山口投手の前に、6回までわずか1安打に抑えられてしまいます。2点ビハインドの7回、一死から山田選手がレフトへの二塁打で出塁。二死後、バレンティン選手と西田選手が続けて四球を選び満塁のチャンスを作りますが、後続が倒れ得点を奪うことができません。

0対2のまま迎えた8回、前の回から登板の3番手・松岡投手は桑原選手の二塁打や宮崎選手への四球などで一死一、三塁とされたところで4番手・ペレス投手にスイッチ。しかしペレス投手は一走の石川選手に盗塁を許すと、続く関根選手にスクイズを決められ1点を失います。さらに1点を追加され0対4とリードを広げられてしまいました。

何とか追いつきたい打線は9回、二死から雄平選手がライトへの安打で出塁しますが、後続が倒れ0対4で試合終了。ベイスターズに完封負けを喫し、4連勝はなりませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 DeNA 山口 俊(6勝4敗0S)
セーブ投手
敗戦投手 ヤクルト 山中 浩史(3勝7敗0S)
本塁打 DeNA 倉本 寿彦 1号 ソロ(5回)
ヤクルト
バッテリー
  DeNA 山口 俊 - 髙城 俊人
ヤクルト 山中 浩史、久古 健太郎、松岡 健一、ペレス - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります