• ヤクルト
  • 4 - 3 試合終了
  • 巨人

2016年4月30日(土) vs 巨人

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
巨人巨人
ヤクルトヤクルト
1
1
2
2
0
0
3
2
0
4
0
0
5
0
0
6
0
0
7
0
2
8
0
0
9
0
X
R
3
4
H
7
9
E
0
0
  • 第8回戦 4勝4敗0分
  • 観衆数 30,833人
戦評

飯原選手の1号2ランで逆転勝利!シーソーゲームを制し3連勝!!

30日、神宮球場での読売ジャイアンツ戦。先発の小川投手は初回、片岡選手にレフトへの安打で出塁されると、続く坂本選手に四球を与えるなど、二死一、二塁のピンチを背負います。続く長野選手にレフト前へタイムリー安打を運ばれ先制を許しますが、後続を打ち取り最少失点に抑えます。

反撃したい打線はその裏、川端選手のセンターへの安打などで二死一塁とすると、バレンティン選手が左中間スタンド中段へ飛び込む6号2ランを放ち、すぐさま逆転します!

ところが3回、先頭の坂本選手のレフトスタンドへの6号ソロで同点とされてしまいます。続くギャレット選手にセンターへの安打で出塁されると、一死後、亀井選手に左中間を破るタイムリー二塁打を浴び、2対3と逆転を許します。
それでも小川投手は5回、6回と2イニング連続で三者凡退に抑えるなど、ジャイアンツに追加点を与えません。

1点ビハインドで迎えた7回、一死から代打・田中浩選手が左中間を破る二塁打を放つと、代打・飯原選手がジャイアンツの2番手・山口投手のチェンジアップをレフトスタンドへ運ぶ値千金の1号2ランを放ち、再逆転に成功します!

投げては8回をルーキ投手が、9回をオンドルセク投手がパーフェクトリリーフで締めくくり、4対3でシーソーゲームを制し3連勝!ベテラン2人の活躍で今カード勝ち越し決定です!!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 小川 泰弘(3勝1敗0S)
セーブ投手 ヤクルト オンドルセク(0勝0敗7S)
敗戦投手 巨人 山口 鉄也(0勝2敗0S)
本塁打 ヤクルト バレンティン 6号 2ラン(1回)飯原 誉士 1号 2ラン(7回)
巨人 坂本 勇人 6号 ソロ(3回)
バッテリー
  ヤクルト 小川 泰弘、ルーキ、オンドルセク - 中村 悠平
巨人 今村 信貴、山口 鉄也、田原 誠次 - 小林 誠司

後日、公式記録に修正される場合があります