• ヤクルト
  • 4 - 2 試合終了
  • DeNA

2015年9月24日(木) vs DeNA

セ・リーグ 公式戦 18:00 神宮

 
DeNADeNA
ヤクルトヤクルト
1
0
2
2
1
0
3
0
1
4
1
1
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
X
R
2
4
H
5
10
E
0
0
  • 第25回戦 17勝8敗0分
  • 観衆数 15,886人
戦評

山田選手が2打席連続弾!バーネット投手は球団新記録の38セーブ!

24日、神宮球場での横浜DeNAベイスターズ戦、スワローズ先発の小川投手は初回を三者凡退に抑える順調な立ち上がりを見せます。

打線はその裏、ベイスターズ先発の石田投手を攻め、一死から川端選手が安打で出塁すると、山田選手がレフトポール際へ35号2ランを放ち2点を先制します。

ところが直後の2回、小川投手は先頭の筒香選手に安打を許すなど二死二塁とされると、柳田選手にレフトへのタイムリーを浴び1点差に迫られます。

突き放したい打線は3回、先頭の山田選手が2打席連続の36号ソロをレフトスタンドへ運び3対1とリードを広げます。

追加点をもらった小川投手でしたが、直後の4回、先頭の梶谷選手にライトスタンドへ12号ソロを放たれ再び1点差に迫られます。

その裏、先頭の大引選手が四球で出塁すると、中村選手が犠打を決めます。二死後、荒木選手が四球で続き一、二塁のチャンスを作ると、川端選手がレフト線へのタイムリー二塁打!4対2とすぐさまリードを2点に広げました。

小川投手は以降の2イニングを無失点に抑えると、7回からは秋吉投手、久古投手、オンドルセク投手の小刻みな継投で8回までベイスターズ打線を1安打に抑え反撃を許しません。9回はバーネット投手がわずか9球で三者凡退に抑え4対2で試合終了。先発の小川投手は6回2失点で今季11勝目、バーネット投手は球団新記録となる38セーブ目をマークしチームは4連勝です!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト 小川 泰弘(11勝8敗0S)
セーブ投手 ヤクルト バーネット(3勝1敗38S)
敗戦投手 DeNA 石田 健大(2勝5敗0S)
本塁打 ヤクルト 山田 哲人 35号 2ラン(1回)山田 哲人 36号 ソロ(3回)
DeNA 梶谷 隆幸 12号 ソロ(4回)
バッテリー
  ヤクルト 小川 泰弘、秋吉 亮、久古 健太郎、オンドルセク、バーネット - 中村 悠平
DeNA 石田 健大、小林 寛、小杉 陽太、長田 秀一郎、大原 慎司 - 嶺井 博希

後日、公式記録に修正される場合があります