• ソフトバンク
  • 5 - 2 試合終了
  • ヤクルト

2015年5月31日(日) vs ソフトバンク

セ・パ交流戦 13:00 ヤフオクドーム

 
ヤクルトヤクルト
ソフトバンクソフトバンク
1
0
3
2
0
0
3
1
0
4
1
2
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
X
R
2
5
H
6
9
E
0
1
  • 第3回戦 1勝2敗0分
  • 観衆数 37,000人
戦評

山田選手が7号ソロも、カード勝ち越しならず

31日、ヤフオクドームでの福岡ソフトバンクホークス戦、初回に先発の石山投手が捕まり、ヒットと犠打などで一死一、三塁とされると、内川選手にタイムリー、松田選手に犠牲フライ、福田選手にタイムリーを許し計3点を失います。

一方の打線は3回、ホークス先発の寺原投手から、山田選手が7号ソロホームランをレフトスタンドに叩き込み1点を返します。続く4回には、先頭の川端選手がライト線に二塁打を放つなどで一死三塁とすると、畠山選手のショートゴロの間に得点。2-3と1点差に迫ります。

ところが4回、石山投手が高谷選手に2ランホームランを浴びてしまい、2-5と再び突き放されてしまいました。その後、スワローズは松岡投手、久古投手、徳山投手が踏ん張り、ホークスに得点を与えません。

反撃したい打線は5回に三輪選手、山田選手の連打などで二死一、三塁としますが、後続が倒れて得点を奪えません。8回にも二死から畠山選手の四球、デニング選手の二塁打で二、三塁のチャンスを作りますが無得点。ホークスの継投にかわされ、カード勝ち越しはなりませんでした。

責任投手/本塁打
勝利投手 ソフトバンク 寺原 隼人(2勝0敗0S)
セーブ投手 ソフトバンク サファテ(2勝0敗12S)
敗戦投手 ヤクルト 石山 泰稚(3勝4敗0S)
本塁打 ソフトバンク 髙谷 裕亮 1号 2ラン(4回)
ヤクルト 山田 哲人 7号 ソロ(3回)
バッテリー
  ソフトバンク 寺原 隼人、二保 旭、五十嵐 亮太、バリオス、サファテ - 髙谷 裕亮
ヤクルト 石山 泰稚、松岡 健一、久古 健太郎、徳山 武陽 - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります