• 広島
  • 8 - 9 試合終了
  • ヤクルト

2015年5月24日(日) vs 広島

セ・リーグ 公式戦 13:30 マツダスタジアム

 
ヤクルトヤクルト
広島広島
1
0
1
2
1
1
3
1
1
4
3
0
5
0
5
6
1
0
7
0
0
8
1
0
9
2
0
R
9
8
H
16
10
E
0
0
  • 第10回戦 6勝4敗0分
  • 観衆数 30,459人
戦評

9回に三輪選手が逆転の2点タイムリー三塁打!2カード連続の勝ち越し!

24日、マツダスタジアムでの広島東洋カープ戦、先発・石山投手が1回に丸選手にタイムリー、2回にエルドレッド選手にソロを浴びるなどで、小刻みに得点を奪われます。

打線は2回に一死三塁から中村選手の内野ゴロの間に同点に追い付きます。再びリードを奪われた3回には、先頭・山田選手のツーベースなどで二死三塁とすると、畠山選手のタイムリーで2-2の同点に追いつきます。

3回に石山投手が1点を失い再びリードを許しましたが、直後の4回に今浪選手がプロ初となる2ランホームランを放ち4-3と逆転。この回さらに藤井選手のプロ初安打となるタイムリー内野安打で1点を追加しリードを2点に広げます。

ところが5回に石山投手が捕まります。新井選手に同点の2点タイムリースリーベースを浴びるなどでこの回5失点。5-8と逆転を許してしまいました。

粘るスワローズは5回に川端選手が押し出し四球を選び1点、8回にも内野ゴロの間に1点を返し1点差に迫ります。さらに9回、今浪選手のヒット、山田選手敬遠などで二死一、二塁とすると、三輪選手が起死回生のタイムリースリーベース!9-8と土壇場で逆転に成功しました。

最後はバーネット投手が3人でピシャリと締めて、2カード連続の勝ち越しとなりました!

責任投手/本塁打
勝利投手 ヤクルト ロマン(2勝0敗0S)
セーブ投手 ヤクルト バーネット(1勝0敗11S)
敗戦投手 広島 中﨑 翔太(0勝3敗3S)
本塁打 広島 エルドレッド 1号 ソロ(2回)エルドレッド 2号 2ラン(5回)
ヤクルト 今浪 隆博 1号 2ラン(4回)
バッテリー
  広島 福井 優也、戸田 隆矢、ザガースキー、永川 勝浩、中﨑 翔太 - 會澤 翼
ヤクルト 石山 泰稚、秋吉 亮、中澤 雅人、ロマン、バーネット - 中村 悠平

後日、公式記録に修正される場合があります